コラム

 公開日: 2014-01-09 

マナーうんちく話657≪美しさの追求は生活習慣から≫

日本は世界一長寿の国です。
特に日本人女性は、ここ四半世紀において常に世界一です。

長寿は人類永遠のテーマであり、これが実現できたことは、誠に嬉しくも有り目出度くも有ります。

では、女性にとっての永遠のテーマは何だと思いますか?
美しくなることではないでしょうか?
日本人女性は長寿においては世界一ですが、美しさにおいても世界屈指だと思います。

明治に日本にやって来たラフカディオハーンは、松江中学の英語教師に赴任しますが、彼は日本人女性の美しさに驚きます。

どんな美しさかと言えば、色白の見た目の美しさ、着物姿での立ち居振る舞いの美しさ、思いやりの心を兼ね備えた内面の美しさ、さらに俳句や短歌を詠んだり、お茶を立てたり花を活けたりする知的な美しさです。
大正時代に来日した、アインシュタイン博士も同じような事を言っております。

そして、現代の日本人女性も負けてはいません。
スタイルと言い、教養と言い、ファッションセンスと言い、世界の女性に勝るとも劣らないですね。

日本は民主主義が発達した、平和で豊かな国ですから、多くの女性が高等教育を受けることができますが、ファッションや美容にかける金額も半端ではありません。

世界と比較すれば肥満度は消して高くはありませんが、ダイエットにかける金額は日本人女性が世界一だといわれております。加えて、ファッションやスキンケアやヘアスタイルなどに関連した雑誌や情報も氾濫する位あります。

「お肌の曲がり角」と言う言葉があります。
医学的には何歳だという決定的な裏付けはありませんが、概ね20歳代の中頃だと感じている方が多いようですね。
ということは、女性の美しさは20代前半がピークでしょうか?
そしてこの年齢は、出産にも適した年齢ですね。

では、30歳代やそれ以降になると美しく無くなるのでしょうか?
男性も女性も、歳を重ねると体系が変わったり、髪が白くなったり少なくなったり、シミやしわが出来たりします。さらに、体力は衰えます。

しかし、若い頃には無い美しさが加味されてくるのも事実です。
すなわち、男性も女性も、年齢に相応しい美しさが加わるということです。

だから、50歳の人が無理して30歳の美しさをキープするより、半世紀に渡る年輪を刻んだ50歳の人間としての美しさを醸し出す方が良いと思います。
知性と教養に富んだ美しさは、周囲に信頼感や安心感を与えるのではないでしょうか?

しかし、そうは言っても、40歳を過ぎると、男女とも実年齢より「より若く見られたい」と思うものです。それも、かなり若く見て欲しいと・・・。

ではどうするか?
高級な化粧品に依存したり、ヘアスタイルや化粧方法を研究するのも良いでしょうが、食生活を始め、日常生活を大事にすることをお勧めします。

適度な運動と睡眠、それに食生活につきると思います。
そして人間関係、特に夫婦や家庭や地域や職場において、良好な人間関係を保ち、ストレスをためないことです。

人の美しさは、顔立ちや髪形やスタイルやファッションも大切ですが、姿勢を始め、笑顔や表情や態度や立ち居振る舞い、そして声と話し方が大切です。

このように、幾つになっても美しさを求めるためには、兎に角、外面と内面の魅力を磨き続ける努力が大切だと考えますが、それを集約した形が「礼儀作法」で有り、「テーブルマナー」だと考えます。
姿勢や食べ方が美しい人は、老若男女に関わらずとても美しく見えます。

この一年、適度な運動、睡眠、そして賢くて楽しい食生活に心がけ、身も心も美しく輝いて下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ