コラム

 公開日: 2014-01-03 

マナーうんちく話652≪「年始回り」の仕方・受け方のマナー≫

日本では、ご先祖様が里帰りされる正月は特別な日で、昔から大晦日の夜は、家族や親族一同が親元や本家に集まり、皆で正月を迎える習慣がありました。

それが、時代の流れと共に、めいめいの家で迎えるようになったので、改めて、新年の挨拶を行う目的の「年始回り」というしきたりが出来たわけです。

さらに、最近では正月の迎え方も、過ごし方も多様になり、相手に礼儀を尽くすために年始の挨拶に伺ったけど、相手が不在であったり、迷惑をかけてしまうケースもあるようです。

特に今年の正月休みは大型で、海外旅行に出かけている人も多いと思いますので、最近の事情に即した年始回りのマナーに触れておきます。

仕事関係者については、職場や業界の慣例に従うなり、事前に周囲の様子を調べておくのもお勧めですが、一般的には、夫婦それぞれの実家や特にお世話になった方が多いのではないでしょうか。

1月1日の朝は「元旦」、1月1日は「元日」、1日から3日までは「3が日」、7日までは「松の内」と言いますが、年始回りは基本的には元日を避け、松の内までに済ますのがお勧めです。時間は午前10時頃から3時頃が良いでしょう。

予約については、儀礼的な年始回りは予約なしで伺えば良いと思いますが、予約が無いだけに玄関先での挨拶だけで失礼します。不在で有れば名刺の右肩に「謹賀新年」の賀詞を書いてポストに入れて帰ります。訪問日時もお忘れなく。
儀礼的な年始回りが多い方は「グリーティングカード」もお勧めです。

親元や仲人など特に大切な方には予約があった方がいいと思いますが予約を入れれば、相手も当然「おもてなしの用意」もされるので、その用意も必要です。

訪問先に別の客人がいたら、目上の人から先に挨拶をして同僚は後にします
また目上の人の子どもに、お年玉を現金で渡すことはお勧めできません。

なぜなら、元々お年玉は神様への供物であるお餅を下して、年長者が年少者に配ったのが起源で、目上から目下に配る物だからです。

ではどうするかと言えば、図書券等をポチ袋に入れ、お年玉ではなく「御年賀」か「御年始」と書いて、親に渡せばいいでしょう。

また、気になる手土産ですが、基本的にはお歳暮を贈られている所には不要です。それでも気になるなら、ケーキなど簡単な物を持参すればいいでしょう。

お歳暮を贈っていない所にはお歳暮程度の物を持参します。表書きは「御年賀」です。「御年賀」とは、年始の挨拶に伺う時に持参する手土産のことです。

渡すタイミングですが、予約を入れていないところでは、玄関先で挨拶をしてから渡しますが、予約を入れて部屋に通されることが十分予想できる場合は、玄関先での挨拶は簡単に済ませ、部屋に通されて挨拶が済んだ時点で渡します。

挨拶の内容は、「新年の祝い」と「過去にお世話になったお礼」と「これからのお願い」が必要です。例えば「明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりありがとうございました。今年も何卒よろしくお願いいたします」です。そして「これはご挨拶の印です。どうぞお納めください」と言って、正面を相手に向けて、胸の高さ位まで両手で持って渡します。

服装は、カジュアルではなくきちんと整えて下さいね。
但し、主人の実家などに行かれる奥さまは、おもてなしを受けた後のかたずけなども考慮して「エプロン」持参もお勧めです。

客人を迎える側は、大勢の場合は、予め「何日の何時においで下さい」と日時を指定されたらいいと思います。

家の主人は座敷にいて、見えた客に挨拶を受け、奥様が接待します。この場合、玄関先では簡単なあいさつで済ませ、早速部屋に通します。

挨拶が済んだら、お屠蘇もしくは酒、あるいは茶菓をすすめます。
ゆっくりくつろいで欲しいお客様には、お屠蘇か酒、次にお節料理、最後に雑煮を供しますが、最近は鍋料理も良いですね。

1月は「睦月」と言います。
年始回りに伺う側も、迎える側も、共に一年のスタートを祝い、仲睦まじく交流を深め、心を通わせることが大切です。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ