コラム

 公開日: 2013-12-31 

マナーうんちく話649≪除夜の鐘は感謝と平和の響き≫

いよいよ大晦日ですね。
今年一年《マナーうんちく話》にお付き合いいただき誠にありがとうございました。来年も変わらずよろしくお願いいたします。

「晦日」は毎月の月末で、「大晦日」は12月31日のことです。
また晦日は「つもごり」、大晦日は「おおつもごり」とも言います。

ちなみに、つもごりとは月が隠れる「月籠もり(つきごもり)」のことです。
以前に触れましたが、太陰暦では新月から満月を経て新月になるまでを一月と計算しますので、月末は月が隠れる「つごもり」となるわけです。

そして大晦日と言えば「除夜の鐘」ですね。
除夜の鐘は日本人なら誰でも知っていますが、大晦日の正子(しょうね)の刻、すなわち真夜中の12時頃に、それぞれのお寺で108回つく鐘の事です。

では、なぜ108回つくのか?と言えば色々な説がありますが、定かではありません。「過去、現在、未来の三界における108の煩悩を払うため」と言う説が良く知られています。

煩悩とは「心身を乱し悩ます心の乱れ」、つまり「おびただしい人間の心の迷い」と解釈すればいいと思います。

それらが実際に108もあるのか、あるいは数が多い例えとして108という数字になっているのか、本当に難しいですね。
しかし、いずれにせよ、お寺の鐘には、「苦しみを癒し、心を綺麗にする力」があるような気がします。だから長い間、多くの日本人が心のよりどころにしたのではないでしょうか?

世界には新年を迎える多種多様なスタイルがあり、最近はカウントダウンが大流行ですが、私は除夜の鐘を聞きながら一年を振り返り、新たな気分で新年を迎えたいと思っています。

ところで、年々戦争を経験している人が少なくなってきましたが、戦時中に「金属類回収令」が存在したことをご存知でしょうか?

平和で豊かな時代に生まれ育った人には想像さえできない、夢も希望も失せてしまう、とても悲惨な政策です。

日本は元々米を中心とした農耕文化で栄えた国で、これといった資源が無く、大部分を輸入に頼っています。
このような国が世界大戦に参入したらどうなるか?

戦争に明け暮れていた昭和13年(1937年)には、すでに鉄鋼配給規則が制定されると共に、金属類の回収が実施され、職場や役所などから鉄製品が回収されていました。

しかし戦局が益々厳しくなるにつれ、自発的な回収では賄いきれなくなり、昭和16年には国家総動員法により、大々的な金属類の回収が行われたわけです。

学校の教材、マンホールの蓋、家庭における鍋や窯に至るまで、根こそぎ金属類が強制的に回収され、お寺の鐘も例外ではありませんでした。

こうなると、大晦日に厳かな気持ちで除夜の鐘を聞くことは不可能です。
当時国内に有った鐘の約9割、数にして約5万個の鐘がお寺から消えたと言われております。

現在の日本は世界屈指の豊かで平和な国ですが、これは自然に実現できたのではありません。このような悲惨な経験をして、どん底の中から不屈の精神で立ち上がり、経済を立て直し、繁栄の基盤を確立しました。

今年の初めに県内のあるお寺で、檀家の皆様を対象にした講話をさせていただいた時、そのお寺のご住職から、「多くの人は新年のご来光には手を合わせ、お願い事をするが、大晦日に沈む太陽に手を合わせて感謝する人は少ない」というお話をお聞かせいただきました。仏に仕える方の言葉には重みがあります。

今夜は除夜の鐘を聞きながら、このように平和で豊かな時代と国に生まれ育った事に、改めて感謝したいものです。そして、この平和をいつまでも持続していく努力をしなければいけないと思います。

何卒希望に満ちた良いお年をお迎え下さい。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1573《品格がにじみ出る忘年会での振る舞い。好感のもたれる立ち居振る舞いとは》

今回は忘年会で、参加者としてどのように振舞えば良いのか?について触れておきます。忘年会は、いろいろな面...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1572《忘年会を盛り上げるにはコツがある②》

【忘年会の挨拶】忘年会には挨拶がつきものですが、幹事の開催の挨拶に続き、組織の長の挨拶があります。こ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1571《忘年会を盛り上げるにはコツがある①》

日本独特の行事だと思いますが、今年も師走の風物詩「忘年会」の季節がやってきました。歓送迎会、ビアパーティ...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ