コラム

 公開日: 2013-12-30 

マナーうんちく話648≪年越し蕎麦のいわれと幸運を呼ぶ食べ方≫

日本には多種多様な年中行事がありますが、古来より続いている行事も有れば、明治以降に欧米から入った行事もあります。
そして、これらが合わさり、多くの日本人が、同じ日に、同じ物を食す日が幾つかあります。

その筆頭が、正月のおせち料理とお雑煮、節分の恵方巻き、夏の土用の鰻、クリスマスのクリスマスケーキ、そして大晦日の「年越し蕎麦」ではないでしょうか?

中でも年越し蕎麦は、江戸時代から続いている風習で、大晦日に家族が揃って蕎麦を食べながら一年を振り返る、とても大切な行事だと思います。

では、何故蕎麦を食べるのか?
うどんではいけないのか?
そこで、地域差はあるものの、年越し蕎麦の由来に触れてみます。
大晦日の夜に「年越し蕎麦」を食べながら、話しの種にして頂ければ幸いです。

年越し蕎麦を頂く理由には、大きく分けて下記の三つが知られています。

○蕎麦のように、細く、長く、幸せに生きたいから。

○一年の悪い縁を切りたいから。
蕎麦はうどんに比べると切り易いので、これにちなんで、今年の悪い縁や災厄を全て断ち切ってしまいたいとの願いを込めています。
このような意味から、年越し蕎麦は「運気そば」とも言われます。

以前、除夜の鐘の「除」は、悪霊を取り除く意味があると申しましたが、まさに除夜の鐘を聞きながら食べる年越し蕎麦には、悪い縁をすべて取り払ってくれる力があるようですね。

○金運に恵まれるため。
これは少し想像しがたい理由ですが、江戸時代はかんざしのような金細工師が活躍した時代で、金細工をする際、飛び散った金粉を回収するのに、練ったそば団子を使用したので、「蕎麦は金を集める」と言われています。だから、食べ残しはよろしく有りませんよ。

江戸時代は世界に例の無い平和な時代が長く続いたわけですが、平和が長く続けば多様な文化が花開きますが、江戸時代になって「濃い口醤油」が発明されてから、食文化が発達し、外食産業が発展しました。

時代劇に登場する江戸の「うどん」や「蕎麦」の屋台もこの頃にはすっかりおなじみになり、庶民に根強い人気が有ったようですね。
特に当時の一般家庭では今のように台所事情が豊かではなく、独身の男性がよく利用したと言われています。今で言う、究極のファーストフードでしょうか。

そして江戸中期になると、生命力が強い蕎麦にあやかり、縁起を担いで「年越し蕎麦」を食べるようになったと言われています。
勿論、喪中に食べても良いと思います。

ところで「蕎麦の旬」をご存知でしょうか?
蕎麦は土壌にこだわらずどこでも栽培できます。しかも2カ月から3カ月位で収穫でき、一年に二回作る事が可能な大変貴重な栄養源です。

「夏蕎麦」と「秋蕎麦」がありますが、秋蕎麦の方が味も色も香りも優れており、その収穫期が晩秋から冬になるわけです。
また、美味しい食べ方は、「挽(ひ)きたて」「打ちたて」「茹でたて」で通にはたまりません。

除夜の鐘を聞きながら、悪い縁を断ちきり新蕎麦の旬の恵みを頂けば、来年は幸運に恵まれるような気がしませんか?

幸運にあやかるために「ネギ」と「海老」を添えて頂ければと思います。
ネギは一年間の苦労をねぎらう意味があり、海老は腰が曲がるまで長生きをするという意味があります。

蕎麦は何かとうんちくが多い食物で日本人になじみが深いわけですが、蕎麦の国内生産量は100%ではなく、8割くらいは輸入に頼っているのが現状です。

それはともかく、大晦日の夜は、このうんちくを参考にしながら「お一人様」も「家族の人」も年越しそばをお楽しみいただき、良い年をお迎え下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ