コラム

 公開日: 2013-12-24 

マナーうんちく話645≪クリスマスと三田九朗≫

クリスマスはキリストの誕生を祝う降誕祭で、本来は教会でおごそかにミサを行うものでしょうが、日本では数ある年中行事の中でも、屈指の売り上げを誇る年末のビッグイベントになっています。

クリスマスプレゼントやクリスマスケーキ、そしてクリスマスパーティー等など、普段、神道や仏教のお宮・お寺詣に縁が無い人でも、何らかの形で関わっている人が多いのが現状ではないでしょうか。

今年は冬型気圧配置になり雪が降りやすくなりましたから、ホワイトクリスマスになる地域も有りそうです。

そしてクリスマスと言えば「サンタクロース」ですね。
サンタクロースの伝説は、アメリカの詩人クレメント・ムーアの詩から誕生したと言われます。

四世紀頃トルコに住んでいたとされるセント・ニコラスという聖人がモデルで、彼は熱心なキリスト教徒の家で生まれ、やがて司教になりました。

そして多くの貧しい人達に救済の手を差し伸べるわけですが、クリスマスイブには、トナカイに乗って訪れ、家々の煙突から入って、子どもにプレゼントを贈ったことから、クリスマスプレゼントの習慣ができたとか・・・。

プレゼントを靴下に入れる理由は、北欧では冬に暖炉が不可欠でどこの家にも煙突がありますが、その暖炉の下に靴下を干していたところ、その中にプレゼントが入ったからだそうです。

ところで、このコラムでも何度も触れていますが、日本は神様(神道)仏様(仏教)の国です。従って昔から多くの日本人の心のよりどころであり、支えになって来たのはお寺とお宮です。

日本の人口は約1億2750万人ですが、日本の全信者の割合は、神道系は約1億840万人、仏教系は約8750万人です。両方合わせるとはるかに人口を上回りますが、神道と仏教のどちらも信者である人が圧倒的に多いからです。

日本全国にはお宮が約81000社、お寺が76000寺院あり、氏子でもあり檀家でもある家が多いと言うことですね。
ちなみに、キリスト教系は約240万人です。

1549年に宣教師のフランシスコ・ザビエルが日本にやってきて、キリスト教を広めて460年以上経過しますが、キリスト教徒は全体の1%少々であまり普及していません。

だから、江戸時代にはクリスマスを祝う習慣はなく、日本でクリスマスのイベントが行われるようになったのは明治になってからです。

現在数ある年中行事の中で、江戸時代以前から続く行事は日本古来のものや中国・朝鮮半島から伝わったものが多いわけですが、明治以降にできた行事、例えば母の日や父の日や結婚記念日等は欧米から入ったものが多いようです

子どもにプレゼントを贈ってくれる、大変嬉しい存在のサンタクロースもしかりです。

サンタクロースは明治30年頃に教材の絵本で初めて紹介されましたが、とてもユニークな名前で登場しています。
「三田九郎」という名前です。

その後、クリスマスの飾り付けやクリスマス商戦がデパート等で本格的に繰り広げられるわけですが、当時は靴下が一般的ではなかったので、プレゼントも「足袋(たび)」に入れていたようです。

ところで、最近は20代から30代中頃の男女で、恋人がいない人が、いずれも過半数を超えるため、一人でクリスマスを過ごす人が多いようですね。

一人で過ごすクリスマスを寂しいとか、侘しいとか、つまらないとネガティブに捉える人が多いようですが、これは感心できません。

なぜなら、クリスマスにケーキを食べたり、プレゼントを交換したり、恋人や家族と共に仲良く過ごすという価値観は商業的に作られたものだからです。
不必要に西洋かぶれする事も無く、人と比較する事も無く、自分流の考えで、自分流の時間を有意義に過ごす事が良いと考えますが、如何でしょうか。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《出会いを活かせる自信がありますか?》

11月7日の「立冬」から11月22日の「小雪」、さらに12月7日の「大雪」と気候が移ろっていくわけですが、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ