コラム

 公開日: 2010-10-01  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話⑩≪神無月と衣替え≫


平松幹夫のマナーうんちく話⑩《神無月と衣替え》


世界的に四季の美しい日本には、1月・2月・3月・・・という数字で月を呼ぶ呼び方のほか、睦月・如月・弥生・・・という日本古来の和風の呼び方が存在します。

「和風月名(わふうげつめい)」と言われており、気候・祭時・農作業などに関連してつけられたとても素敵なネーミングです。
日本ならではの、四季折々を大変上手に表現していると思います。

雅や風雅をこよなく愛した平安の貴族は、梅の臭い、初夏の草花、月の満ち欠け、そして風の音や雪の音、鳥の声等を敏感に感じ、季節ごと、月ごと、さらに日ごとにまで、いろいろな決まり事を作り、其れにマッチした生活を送ることで、移りゆく四季を愛でたのでしょうね。


ところで10月のことを「神無月」と表現しますが、これは全国の神様が島根県の出雲大社に出張され、神様が不在になるからです。但し、島根県だけは神様が全国から集合されるので「神在月」になります。

では、出雲大社に集まられて何をされるのか言いますと、いろいろな会議を行われます。
会議の内容は、天候、農作物、酒のでき具合なども話題に上りますが、主として、「人間たちの運命や結婚」のことです。
誰と誰を結び付けるか等ということを真剣に話し合われるから、出雲大社は「縁結びの神様」として根強く信仰されています。

この「縁結び」は、勿論「男と女の中」を結ぶことですが、それ以外に社会全体が幸福であるように「人と人との絆」を結ぶことでもあります。
昨今の「婚活」ブームで出雲大社にお参りする人がとても増えたそうですが、今の時代全ての人に有りがたい神様ですね。


そして今日から、衣類や小物を季節に合わせて切り替えをする「衣替え」です。
衣替えの習慣も、もとはと言えば貴族社会の行事としてスタートしました。
「和風月名」でも述べましたが、平安貴族はなにかにつけ「もののあわれ」を重んじていたので、当然自分たちの身につける衣服においても、気温・健康維持だけの目的ではなく、同時に四季の移ろいを愛でることも視野に入っていたのでしょうね。

そして貴族から武家に受け継がれ衣替えはますます複雑になっていきました。
今の和服も、季節により複雑に変化しますがその名残です。
少し話がそれますが、結婚式の時に花嫁が着る「白無垢」、これは武家階級の娘さんのしきたりです。

そして衣替えが6月と10月の2回になったのは、明治以降で、官公庁・学校・銀行等制服を着用するところから始まり現在に至っています。

日頃お世話になっている衣類を、カビや虫から守ってあげるのも大切なマナーです。
衣替えの時の正しい処理がとても重要です。
お気に入りの洋服はいつもベストの状態で保つことをお勧めします。
洋服ダンスにはブラシもぜひ置いて下さいね。
マナーには、人に対するマナー、自然や目に見えないものに対するマナー、そしてモノに対するマナーが存在します。

また、衣類と共に、部屋のインテリア等の雰囲気を変えてみるのもいいですね。
心を新たにされるのもお勧めです。
そして多彩な秋を爽やかな気分で謳歌して下さい。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ