コラム

 公開日: 2013-12-07 

マナーうんちく話635≪雪と大根役者≫

今まで比較的暖かくて穏やかな好天に恵まれましたが、今日から寒くなり、所によっては雪模様になりそうですね。

今日は二十四節季の一つ「大雪(たいせつ)」で、文字通り、これから本格的に雪に見舞われる季節になります。

ところで、四季折々の自然の中で、特に優雅な趣があるものを「雪月花(せつげつか)」と称しますが、先人は春の桜、秋の月と共に冬の雪に風流を楽しんだようです。桜や月のように、雪には風流を感じる様々な名前が付けられていることからも推測できます。

「瑞花(ずいか)」「寒花」「銀花」は雪の異称です。
また、今年は例年になく早かったようですが、その冬始めて降る雪を「初雪」、その冬初めて山に降る雪は「初冠雪」と表現します。
 
さらに、その冬の最後の雪は「終雪」、春になって残りを惜しむように降る雪は「なごり雪」、一年中溶ける事の無い雪は「万年雪」と言います。

そして雪は女性の名前にも良く使用されています。
雪子、小雪、雪代、雪絵、雪江、雪枝、雪美、雪菜等など・・・。

加えて、雪の状態にマッチした素敵な名前もあります。
小説のタイトルになっている細やかに降る雪を「細雪」、粉になったような細かい雪は「粉雪」です。

まだ顕微鏡やパソコンが無かった時代に、これほどまで雪を細かく観察し、楽しみ、上手に利用する知恵や文学的表現力には頭が下がります。

最近何かと「環境に優しい」とか、「自然に優しい」と言う言葉が使用されますが、売り上げ向上のための美辞麗句ではなく、本当に環境や自然に優しくするなら、先ずは自然を理解することが大切だと考えます。
そのためには、自然をよく観察することではないでしょうか。

その点、自然と仲良く共生した先人の生活様式や生活の知恵には、物質的豊かさや利便性に重きを置いている現代人が学ぶ事が多々あります。

そしてこの頃美味しさを増す野菜に、前回お話ししたホウレン草やミズ菜や春菊と共に初冬の今が旬の大根があります。
我が家の畑にも作っていますが、葉っぱにボリュームがあり、冬野菜としての存在感がひときわ高い野菜です。

芸の下手な役者を「大根役者」と言いますが、その人本人にとっては決して褒められた言葉ではありません。しかし大根にとっては大変な褒め言葉になります。何故だかお分かりでしょうか?

理由は、煮て良し、炊いて良し、漬けて良し、干して良し、さらに生で良しと言われるように、大根には様々な食べ方があって、いずれも決っして「あたることがない」からです。

また、日本書紀にも登場する位歴史が古いわけですが、秋の七草にも「すずしろ」と言う名前で登場します。

そして、江戸時代になると品種改良が施こされたり栽培技術が向上し、すっかり日本人にはなじみの深い野菜になりました。今でも煮物や生食や漬物や保存食と万能で、作付面積も生産量も、数多くの野菜の中でトップクラスです。

ちなみに今の時期、大根と言えば「フロフキ大根」を思い浮かべる人も多いと思います。
厚切りにした大根を軟らかく湯で、柚子味噌などの練り味噌で食べる料理で、甘味が加味された冬の大根だからこそ味わえる絶品です。

漢字では「風呂吹き大根」と書きますが、「漆器を乾かすために大根のゆで汁を拭きこむために大根を茹でることから付いた」と言う説や、「大根は安価で美味しくてしかも身体にいいので不老富貴(ふろうふき)が転じた」と言う説がありますが、いずれも定かではありません。

今のように娯楽の少なかった時代には、春の花見酒、秋の月見酒、そして降雪や雪景色を見ながら楽しむ雪見酒は、庶民の最高の楽しみだったようです。
寒い冬の夜は、雪見酒とまではいかないにせよ、熱燗に風呂吹き大根で、うんちくでも語りながら、身も心も温まるのもお勧めです。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1415《上司から嫌な仕事を頼まれた。どうする?》

「1月はいぬる、2月は逃げる」と言いますが、1月2月は何かと多忙で、あっという間に時間が経過するのでこのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ