コラム

 公開日: 2013-12-03 

マナーうんちく話633≪お歳暮の知識と贈り方・頂き方のマナー≫

世界中で日本人程、贈り物が好きな国民はいないのではないでしょうか?
誕生祝い・結婚祝い・入学卒業祝い・出産祝い・長寿の祝い・新築祝い・開店祝い・バレンタインデー・ホワイトデー・クリスマス等など年中贈り物をしたり、されたりします。

日本が豊かで平和であることと、贈り物を通じて相手を思いやる日本人独特の心があるからでしょうか?

そして数ある贈り物の中でも、西洋からは云ったものでなく、日本古来の長い歴史がある贈答文化が結納とお歳暮だと思います。

だから、お歳暮のやり取りには、結納と同様、厳格な礼儀作法が存在します。
熨斗を付けるのもそのためです。
今年は景気が良くなっているせいか、高価な品物に人気があるようですね。

お歳暮は本来ご先祖様が正月に実家に里帰りされるに当たり、その子孫が食べ物や飲み物を持ちより、ご先祖様を囲み共同飲食したのが起源だと言われておりますので、基本的には目下から目上の人、あるいはお世話になった人に感謝の気持ちを添えて贈ります。

但し、お歳暮は単発的なモノではないので、この一年間だけお世話になった人に一回だけ送る場合は、表書きを「お歳暮」としないで「お礼」とされる方がいいでしょう。
できれば手紙を同封して感謝の言葉を綴られる事をお勧めします。

日本は昔から神様と共に飲食をする大変ユニークな文化があります。正月のお節料理や春の花見もそうです。

だから今でも、お歳暮には食べ物や飲み物が多いわけです。
最近の売れ筋はビールやコーヒーやハムなど、欧米から入ったものが多いようですが、これも時代の流れでしょうか。

ちなみに、お中元は上元の1月15日、中元の7月15日、下元の10月15日に神様にお供えをして日頃の罪滅ぼしをしていた中国の習慣が日本に入ってきて、それが日本のお盆の贈答文化と重なってお中元として広まったわけです。

だから、予算の都合で、お中元とお歳暮のうちどちらかを送る場合はお歳暮を優先して下さい。理想はお歳暮とお中元の両方を贈ることです。

さらに、今まで御中元もお歳暮も贈っていたが、都合により贈るのを止めたい場合は、一年目は御中元だけ止めてお歳暮は贈り、2年目から両方を止めるのがお勧めです。

贈る時期ですが、本来は12月13日の「事始め」から20日頃までとされていましたが、最近では、デパートなどの戦略により年々贈る時期が早まっているようですね。
なお、「事始め」に関しては「マナーうんちく話415《正月事始め》」を参考にして下さい。

また、相手やこちらが喪中であっても、お歳暮は祝い品ではないので贈ってもかまいません。但し派手な華々しい紅白の水引などは避けた方が良いでしょう。

さらにお歳暮は、本来は持参して挨拶の口上を述べるのが筋です。
この際事前予約は不必要とされていましたが、最近では予約を入れた方がいいかもしれませんね。訪問先で自己紹介をして、来意を告げ、お歳暮を渡たせばいいでしょう。部屋に通された場合は「訪問ともてなし」のコラムを参考にして下さい。

魚介類には熨斗を掛けません。熨斗は元々「熨斗鮑」のことで、生臭い匂いがあるため、この匂いが重複するのを避けるためです。

水引は何度あっても良い紅白の「蝶結び」で、表書きは「お歳暮」として、その下にフルネームを書きます。

贈り物を頂いた時には、基本的には品物でのお返しは不要です。
しかし、もらいぱなしが気になるようでしたら、日をずらして「年賀」を贈るか、旅先から土産を贈ったらいいでしょう。
但し礼状は必要です。
頂いた時に受け取りの確認の意味も込めて電話、さらにその晩には礼状をしたためて、贈り主の行為に感謝して下さいね。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1675《通夜の心構え②》

通夜に出席するかどうかは、故人及び葬家との付き合いの関係で決めればいいでしょう。すでに触れましたが、通...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1674《通夜の心得①》

冠婚葬祭の儀式の中でも葬儀は結婚式のように、当事者が主体的に執り行うことはできません。ということは自分...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1673《通夜・葬儀・告別式の心得①「多死社会の現状と葬の捉え方》

【多死社会の現状と葬の捉え方】日本は世界屈指の長寿国になりました。経済が豊かになり栄養状態が良くなっ...

[ 弔事のマナー ]

マナーうんちく話1672《祝儀に新札が使用される理由》

年々日本を訪れる外国人が増えているようですね。観光目的ならいざ知らず、留学やビジネス等で日本に長期滞在す...

[ 祝い事のマナー ]

マナーうんちく話1671《厳格に執り行われた?武家社会の結納と婚儀》

日本は四季に恵まれ農耕文化で栄えた国で、自然との共生も大切にしましたが、意外に昔から恋愛や結婚にはおおらか...

[ 結婚のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ