コラム

 公開日: 2013-11-30 

マナーうんちく話631≪「小春日和」から「冬日和」≫

クリスマスのイルミネーションが夜空を美しく照らす季節になりました。
寒風の夜、背中を丸めて眺めるイルミネーションは、街を元気にしたり、人の心を温かくする力があるように感じますが如何でしょうか?

ところで、今が旬で、冬の冷え込みと共に糖度や栄養価がグーンと高まる「冬葉」と呼ばれる野菜は何かご存知でしょうか?

ホウレン草です。
この野菜は今の日本ではいつでも出回っていますが、冬のホウレン草はヴィタミンCや鉄分が多くなり、もってこいの健康野菜です。

ポパイがイザと言う時にホウレン草を食べて超人的な力を発揮する物語が有名ですが、これは今から80年くらい前のアメリカで、子どもが野菜を食べないので、野菜が身体に取って大切な食べ物である事を教えるために、母親が引き合いに出したエピソードです。野菜嫌いな子どもが多いのは古今東西変わらないようですが、躾方が今の日本とは少し違うような気がします。

ところで、以前にもお話ししましたが、秋の山が紅葉する様を「山装う」と言います。日本の山は四季により様々な表情になりますから、その様子を美しい言葉で表現したわけですね。
ちなみに、もうしばらくして冬本番になれば「山眠る」、春は「山笑う」、夏は「山滴る(したたる)」と表現します。

また、晩秋から初冬にかけて、つまり11月から12月初旬にかけて、風も無く、日蔭は寒いけど、日向は温かくて気持ち良い好転気を「小春日和(こはるびより)と言います。

「日和」は天気、空模様、晴天、さらに、何かをするのにちょうどよい天気の意味です。「行楽日和」とか「待てば海路の日和あり」等と言われますね。

では、晩秋から初冬にかけて、穏やかな好転気を何故小春日和と表現するかと言えば、陰暦の10月を「小春」と言うからです。

秋なのに小春日和と表現する事を始め、真冬の正月を「新春」と表現したり、6月の梅雨の合間の好転気を「五月晴れ」と言ったり、七夕が秋の季語になったり、季節と言葉とがミスマッチでややこしい言い方が多々ありますが、これは明治の初めまでは、陰暦が使用されていたためです。

陰暦では、春は1月と2月と3月で、夏は4月と5月と6月、秋は7月と8月と9月、そして10月と11月と12月が冬になります。
つまり、陰暦は1カ月から1ヶ月半のずれがあるわけです。

ということで、小春日和は12月初旬位までの時期の好天気を言いますが、季節がさらに経過した時の好天気は、「冬暖か(ふゆあたたか)」とか「冬日和(ふゆびより)」等と呼ばれます。

小春日和は初冬の季語ですが、冬日和はどちらかと言うと厳寒の冬のイメージです。だから、冬の晴れ間の一日は、雪国は勿論、皆にとって大変貴重な一日になるわけですね。おそらく動物も植物も喜ぶ日ではないでしょうか?
いくら冷暖房が完備しても自然の恵みには勝てません。

これから日に日に寒さが募りますが、私たちが寒いと感じるのは何も温度だけではありません。物理的には温度以外に湿度、風速、着衣量、それに活動量等様々な要因が複雑に絡みあっています。

豊かで便利になった現代では、これらを上手に加えたり、取りはらったりしながら、快適さを都合よくコントロールしています。

そして、何事も自分の都合の良い方に向けるために、周囲の様子を常にうかがう事を「日和見主義(ひよりみしゅぎ)」と言います。

江戸時代の天気の観測の事を日和見と言ったので、定まった考えを持たず、形成を伺い、有利な方につくことを日和見主義と名付けたわけです。
日和には物事の成り行きを見るという意味も有ります。
しかし、小春日和とか冬あたたかと言う表現はなんとなく温かい感じがして心が和むようですが、日和見主義はなんとなく好感が持てませんね。

明日から師走です。
年の背が近づくにつれ何かと慌ただしくなりますが、このような時期だからこそ、今年を振り返り、日々の在り方を見直してみるのもお勧めです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

9

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1539《日常生活を心豊かにする「ささやかな幸せ」の感じ方》

秋は月。そして虫の声。昨夜の月はとてもきれいでしたが、一年の中でも一番美しいといわれる秋の月を眺めて...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ