コラム

 公開日: 2013-11-28 

マナーうんちく話630≪今のうちに習得したい孤独に強くなる力≫

春の「緑のそよ風」や「薫風」には、ほのぼのとした温かさや希望を感じますが、初冬に吹く冷たい「北風」や「木枯らし」は、木々の枝から木の葉を払いのけます。

赤や黄色の落ち葉がヒラヒラ舞い落ちてきました。
これを見て、冬を越し春への備えをする自然の精緻さを感じ前向きになる人もいれば、「明日は我が身か」と暗い気持ちに陥る人もいます。

冷たい風に葉っぱを落とされ、枝と幹だけになった冬木立ちは、如何にも寒そうで、侘しさが感じられます。

ところで、現在地球上には192の国があり、約71億人が暮らしておりますが、その中でも日本は屈指の長寿国です。

しかし、地球全体では人口が年間約7000万人増加していますが、日本は人口が年々減少しています。

長寿は人類永遠のテーマで、それが実現できたことは大変嬉しい事であり、目出度い事でもありますが、反面、難婚化、晩婚化、未婚化、諦婚化が進み、結婚が遠のき、その結果、少子化現象は留まる事をしらない状態です。

また長寿社会は、誠に響きの良い社会ですが、裏を返せば超高齢社会です。
つまり、高齢により亡くなる人は増加傾向にあるけど、新たに産まれて来る子どもは少なくなったわけですね。
さらに、超高齢社会の特徴は「一人暮らしの高齢者」が増えることです。

ちなみに、日本は現在、人口は減少しているが所帯数は増えております。
何故だかお分かりでしょうか?
若者と高齢者の一人暮らしの人が増えているからです。
そして、この傾向は、今後さらに高まると予想されております。

だから今後は、一人暮らしの人は珍しくなくなるわけで、誰しも、「お一人様」を如何に充実して過ごすかが必要になります。

お一人様には色々なタイプが存在します。
社会人になり、結婚しないでずっと一人暮らしの人。
一旦は結婚したけど、離婚して一人暮らしになった人。
結婚して家族を作り、子育てを終えた後で、伴侶に亡くなられて、一人暮らしになった高齢者等・・・。

そして、年齢にかかわらず、これだけ高齢者が増えると、一人暮らしを暗いイメージでとらえることは感心しません。「孤独は人間を成長させる」と言われるが、それは自分をしっかり見つめる事が出来るからです。だから一人暮らしを前向きに捉えるべきだと考えます。

また、一人暮らしの人は、今後の人生をいかに過ごすか、その選択肢が多くなります。それだけに、自分らしい生き方も可能になります。
誰にも束縛される事無く、自分流の生き方が謳歌できるということです。

反面、病気や介護が必要になった時に、限りなく不安に陥ることも有りますし、周囲とのコミュニケーションが途切れることも有ります。

一人暮らしは、長所も有れば短所も有りますが、いずれにせよ、一人暮らしは確実に増加傾向にあります。

だから、身も心も元気なうちに、孤独を楽しむ力を身に付けることが大切です。
具体的には、健康を維持し、一人でも楽しむ事が出来る趣味を持つのもお勧めです。家事全般が出来ることも大切です。最低限の経済力も必要です。

加えて、様々な人との良好な人間関係を築いておくことです。特に異性の友人は人生を楽しくワクワクさせてくれます。
そのためには素敵なマナー及びコミュニケーション能力も磨いておく必要があります。

以前このコラムで触れましたが、主体性を堅持しつつ、周囲と協調する事が大切だということですね。
好奇心を持つこともお勧めです。

最後に、孤独になっても孤立は宜しくありません。そのためには、常に社会とかかわりをもち、品格を持ってポジティブに生きることをお勧めします。







この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1396《どうしても嫌な人との接し方》

日本は世界屈指の長寿国です。つまり世界で一番長い気が出来る国ですが、問題は長生きを競うより、長い人生をい...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ