コラム

 公開日: 2013-11-24 

マナーうんちく話628≪秋深き隣は何をする人ぞ≫

日本は世界屈指の四季の美しい国ですが、なかでも百花繚乱の春と共に紅葉の秋は格別ですね。

しかし、木々の葉が赤や黄色に色づき、「山装う頃」と表現されるこの時期は、美しいが故に儚いほど短いもので、厳しい冬に向かう晩秋の3週間位でしょうか。今のうちに「日本の秋」を実感させてくれる、紅葉を愛でに出かけるのもお勧めです。

ところで、この時期になると、松尾芭蕉の「秋深き隣は何をする人ぞ」という俳句を思い浮かべる人も多いと思います。

旅先での宿泊だから良く解らないが、秋もすっかり深まった良い季節に、物音ひとつ立てずにひっそりと暮らしている隣の人は、どんな生活をしている人なのか?人恋しい。との意味でしょうか?

さて、日本の伝統的な住まいの建具に、平安時代からの歴史を有する襖や障子があります。
防寒、防風、湿度調整等の機能性、絵画や文字が描かれた装飾性等、優れた特性を備えておりますが、欧米諸国のドアのような鍵がありません。

平安時代は世界に例を見ない平和な社会でしたから、あえて鍵を付ける必要が無かったわけでしょうか?

つまり、か細い木と紙でできた襖一枚を隔てて、プライバシーを尊重してきたわけで、「案ずる」事を大切にして、人間関係を築いたのかもしれませんね。

その意味においては、日本は襖一つ隔てていれば、不安なく安眠できる国です。
ただ、外国ではそうはいきません。
隣に知らない人がいれば、なにかと心配になり、不安が付きまといます。

だから、日本では、襖や障子の開け・閉てに関しては、美しくて凛とした作法が存在するのだと思います。
実に素晴らしい事ですね。

しかし、豊かで便利で、さらに国際化が進展した現在では、生活様式が一変すると共に、このような、美しくて凛とした作法は、日常生活の中からすっかり消え失せた感があります。

「時代の流れだから」と言ってしまえばそれまででしょうが、少し寂しい気がしますね。
そして、寂しいと言えば、「物言えば唇寒し秋の風」でしょうか。

人を悪く言えばなんとなく後味が悪くなると言う意味ですが、「口は災いの元」、つまり、「つい余計な事を言ってしまい人から嫌われる」意味もあります。

秋も深まりすっかり冷え切った頃、口を開けば唇が冷気に当たり寒々となることから、このように表現されたわけで、誰でも多かれ少なかれ経験していることだと思います。

会議等で発言する時に、マナーの視点から注意したい事は、議長の許可を得て発言することはもちろんの事、「今、この事を発言する必要があるか否か」、さらに「この言葉は相手に不快感を与えるか否か」を考慮することが大切です。

議論が高まってくるとつい興奮して、暴言を吐いたり、言わなくてもよい事を言ってしまい、後味が悪くなることはありませんか?

特に相手の悪いところばかり攻撃し、相手を論破しても、すっきりするどころか、大変嫌な気分に陥ることがあります。まさに、物言えば唇寒し秋の風です。

江戸しぐさに「胸刺し言葉」がありますが、人の感情を逆なでする言葉はよろしく有りません。また、くどくど指摘するような言葉も不仲になる元です。
加えて、「しかし」「でも」「だって」等、人の話を無視する言葉も避け、出来る限り相手の話を、素直に聞くのが良いとされています。

このように、荒れた言葉を使用すると生活も荒れる、逆に、生活が荒れると言葉も荒れると戒めたわけです。

先人は、紅葉を見物する事を「紅葉狩り」と言う素晴らしい言葉で表現しました。そして、現代人は「桜前線」や「紅葉前線」等の大変美しい言葉を作りました。相手の事を察して、「唇寒し秋の風」にならないよう、注意したいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

12

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1578《「形」より「心」!? 本当のマナー美人になるには・・・。》

マナーは時と場合により発揮の仕方は異なります。不易流行的側面もあります。だから様々な経験を経て、苦労し...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1577《勧善懲悪とマナー》

前回赤穂浪士に触れましたが、それに匹敵するくらいミリオンセラーになったのが水戸黄門ではないでしょうか。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1576《歴史上の大事件の裏にはマナーが関わっていた(赤穂浪士の討ち入りとマナー

12月14日は日本人なら誰しも知っている歴史上の大事件が起きた日ですね。小説、浄瑠璃、映画、テレビでおなじみ...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1575《日本人なら知っておきたい年末の大切な歳時「正月事始め」》

今年は真冬になるのが早かった気がしますが、如何でしょうか。ところで最近、都会においても、猿や猪が出現して...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1574《忘年会での「無礼講」はどこまで許されるの?》

無礼講に関してはよく質問を受けるところですが、難しいところです。無礼講といった上司の本意が理解できれば、...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ