コラム

 公開日: 2013-11-22 

マナーうんちく話627≪寒さに震えた者ほど太陽の温かさを知る≫

今日は二十四節季の一つ「小雪(しょうせつ)」です。
立冬から数えて15日が経過した頃で、寒さが増し、そろそろ雪が降る頃だとされていますが、今年は既に初冠雪が多くの地域で見られましたね。

そして、雪が降るにはまだ早い地域でも、ふと、風に運ばれて舞っている小雪「風花(かざばな)」を見かけることもあり、この日を目安として本格的な冬支度が始まります。

また、この時季に春のように暖かくなる好天気を「小春日和」と言いますが、何日間か小春日和に恵まれると、サクラやツツジや山吹等の、春に咲く花がうっかり一輪から数輪ですが、咲いてしまうことがあります。
これを「返り花」と言います。

「返り花」は人が忘れた頃につつましく咲くから「忘れ花」、時ならぬ花を咲かせるから「狂い花」とも言われます。
さらに返り花には、身請けされた遊女が元の職場に戻る意味も有ります。

日本人は昔から好んで女性を花に例えました。
例えば「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿はユリの花」とか、「いずれ菖蒲か杜若」等は、凛とした気品が漂う美しい女性のたとえです。

また秋の七草の一種であるオミナエシは「女郎花」と表現します。
江戸時代の女郎と呼ばれる女性が、客引きのために筵を持って、こちらに一人、あちらに一人とポツンと立っているように咲くからです。

凧(こがらし)に 匂いやつけし 返り花(芭蕉)

この句は、遊女を花に例えた、なんとなく物悲しい俳句ですね。
凧が男性の象徴なら、返り花はまさに女性を象徴しているようです。
昔の人は、現代人には耐えがたい苦労を経験されたのでしょうね。

ところで、これから寒さが身にしみる辛い季節になりますが、特に今年は寒さが厳しいとの予報です。
しかし、寒さは、毎日は続きません。

「三寒四温」という言葉があります。
必ずしも規則正しくは推移しませんが、寒い日が3日続けば、今度は4日暖かい日が続きます。

厳しい寒さの後にくる温かい日は、本当にありがたいものです。
辛い目に遭えば、人の暖かさが身にしみるのとよく似ています。

アメリカの民衆的詩人として有名なホイットマンは「寒さに震えた者ほど 太陽の暖かさを感じる。人生の悩みをくぐった者ほど 生命の尊さを知る。」と書いています。

厳しい寒さを体験した後に、暖かい太陽の光を浴びると、太陽のありがたさが身にしみてわかるように、人生においても、苦しいことや悲しい事を色々と経験すれば、生きていく本当の意味がよくわかるということです。

つまり、苦労すること、悩むこと、辛い事を体験することは、全て幸せを知る経験に繋がるわけです。

但し、色々と不幸な経験をしても、挫折してしまってはいけません。
一時はくじけてもやがて立ち直り、それを克服すれば、明るい世界が開けて来るというものです。

世の中、誰でも、なにもかも順風満帆というわけにはまいりません。
個人差が大きいと思いますが、もしかしたら辛いことや悲しい事の方が多いかもしれません。

しかし、憂うるばかりでは前に進むことはできません。
時には居直って「矢でも鉄砲でも持ってこい」という位の気構えを持つことも大切です。

「どんな手段で使って攻められても受けて立つ」という固い決意で、まさに腹を据えた言葉ですが、自棄(ヤケ)にならないで下さい。

どんなに寒くても冬は必ず春になります。
苦しい事があっても、へこたれずに常に前向きに行きたいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1469《大切にしたい「言葉のお洒落」と「敬語」②》

四季がある日本では季節にちなんだ美しい言葉が沢山あります。降る雨や吹く風に関する言葉もそうです。4月...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1468《大切にしたい「言葉のお洒落」と「敬語」①》

日本は国土の7割以上を山で覆われていますが、「山笑う頃」から「山滴る頃」は緑のグラデーションが一番美しい時...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1467《マナーに存在する原則と例外》

日本には世界屈指の年中行事が有ると言われていますが、地域により様々です。慶事や弔事のしきたりもそうでしょ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1466《農の心を大切に!5月21日は二十四節気のひとつ「小満」》

気温が上がり一段と緑が濃くなってきました。5月21日は二十四節気のひとつ「小満」です。二十四節気の中...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1465《大切にしたい「その場の空気を読んだ」立ち居振る舞い》

大人として「してはいけない振る舞い」、「すべきではない振る舞い」は多々あります。特に女性は・・・。しか...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ