コラム

 公開日: 2013-11-14 

1日1分!女子力向上マナー27≪大切にしたい!お客様へのお茶出し≫

職場で、お客様にお茶を差し上げるよう頼まれたらどうしますか?

自宅や職場で、お客様にお茶を出した経験の有る人は多いと思います。
お茶は単に喉を潤すだけの物ではなく、心の交流を図るものですから、真心を込める事が大切です。

先ずは、挨拶が済んだら茶菓を差し上げることになります。
たとえ一人分でも、必ずお盆を使用して下さい。
また、お茶を出す時には順序が大切です。
和室であれ、洋室であれ、上座の人、つまり奥の人から出せばいいでしょう。
お客様が大勢の場合は念のため担当者に確認することも必要です。

つまり最初に、お客様、次いで社内の者になります。
この際、お客様を、見かけの年齢で上下を判断せず、上座から出すよう注意して下さい。

茶菓を出す時の基本は、お客様に向かって右にお茶(コーヒーや紅茶)、左にお菓子(ケーキ)がくるようにして下さい。
これは、家庭でも職場でもレストランでも基本ですから、覚えておいて下さい。

また飲み物は、季節に応じて出すよう心がけて下さいね。
冬なら暖かい緑茶が喜ばれるし、夏なら冷たい麦茶等が良いですね。

夏の暑い日に、豊臣秀吉が寺を訪ねた際、寺の小坊主から茶の接待を受けました。最初はぬるめ目の薄い茶を、しばらくしてやや温かい濃い目の茶を、そして最後に普段通りの熱くて濃い目の茶を出されました。

最初のぬる目の薄い茶でとりあえずのどの渇きをうるおし、次から茶本来の味を楽しんだということです。

太閤・豊臣秀吉の生涯をつづった伝記の一説ですが、ここに登場する小坊主は後の石田三成です。

実際には、プロでもこのようなサービスは難しいですが、要は、お客様の状況に応じたもてなしの大切さを説いたお話しです。

ちなみに、番茶は沸騰したてのお湯で、煎茶は沸騰したお湯を70度から80度に冷まして、玉露は60から70度まで冷まして入れて下さいね。
美味しいお茶は、何とも言えない位魅力的で、出す人の品格が感じられます。
ぜひ、公私に渡り美味しいお茶を入れるよう心がけて下さい。

また、例えペットボトルのお茶でも、そのまま出すのではなく、程良く温めて器に入れて出せば、それなりに様になります。

この他、茶碗の絵柄はお客様に見えるように、加えて、茶托に木目がある場合は、線がお客様に対して横になるようにして下さいね。線が縦になるのは縁起が悪いので不快感を与えます。

さらに、職場で「マイ茶碗」がある者にも、客人がいれば客人と同じ器を使用される事をお勧めします。

最近では、お客様にお茶を出す事をしなくなった職場も多々あるようですが、客人に美味しいお茶を出すことは、マナーの視点では「お・も・て・な・し」の原点であり、大切な事だと考えます。

そして、大切な事は意外に、面倒くさくて、手間暇がかかるモノです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1658《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食3」》

洋食はソースの種類が多く、しかもそれが誠に美味しいのが特徴ですが、前に頂いたフォークやナイフで次の料理を食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ