コラム

 公開日: 2013-11-09 

マナーうんちく話621≪八方美人は得か?損か?≫

紅葉前線が南下してくると鍋料理が美味しくなりますが、冬の味覚と言えば「牡蠣(カキ)」の存在も忘れることができません。

「世界3大珍味」と言えばフォアグラとトリフとキャビアが思い浮かびますが、新鮮な生牡蠣にレモンを絞って食べるのは最高で、これに辛口の白ワインが有ればもうたまりません。

ちなみに、牡蠣を生で食べるスタイルは明治になって外国からもたらされた食べ方で、刺身の食文化がある日本では非常に珍しい現象です。

そして、日本ではハマグリと共に多く食された貝で、海の岩から「かきおとす」ので「カキ」の名前が付けられたわけですが、それがゴツゴツした殻に包まれているので「蠣」の漢字が使用され、加えて、全てが牡に見えるので牡蠣になりました。

また、様々な栄養素が多量に含まれるので「海のミルク」とも言われ、しかも低カロリーで美味で値段も手頃なので、これほど、世界各国の沿岸地域で好んで食べられている食材も珍しいのではないでしょうか?

ところで、誰に対しても、上手に振舞える人を「八方美人」と言いますが皆様は如何でしょうか?
八方とはあらゆる方向を示します。
つまり、どこから見ても如才のない美人の意味ですが、どちらかと言えば悪い意味で使用されます。

牡蠣は世界中の沿岸地域で好まれていますが、およそ、全ての人に好まれる人はまずいません。

クレオパトラ・揚貴妃・小野小町が世界三大美人と言われますが、この三人を全て美しいと思う人ばかりではありません。小野小町の代わりにヘレネを挙げる人もいれば、少し視点を変えて、自分の恋人や奥様でもいいですね。

フォアグラ・トリフ・キャビアも高級食材ですが全てが好きな人ばかりでもありません。私は、個人的にはキャビアより生牡蠣が好きです。

フグもしかりです。美味なゆえに昔の人は命がけで食したわけですが、世界から見れば愚かな行為に移るかもしれませんね。

人間も同じで、自分の周囲にいる全ての人から好かれようとしても無駄な事です。ではどうするか?

自分の周囲に100人の知人・友人・親族がいるとすれば8割から7割の人と仲良く接することが出来れば、上々だと捉えるべきだと考えます。

ちなみに、マナーの根幹をなす「思いやりの心」とは、他者に対して、不快感を与えないことと、好感を与えることです。しかし、不快に思う人や好感を得る人は全て同じではありません。

例えば、以前電車内でのお化粧を取り上げましたが、電車内でお化粧しているのを他の乗客がどのように思うかはそれぞれ異なります。有る人はだらしないと思うかもしれませんが、有る人は微笑ましいと感じるかもしれません。

しかし、8割から7割の人が不快に感じるなら電車内でのお化粧は控えた方が良いでしょう。

八方美人は、見ていてなんとなく落ち着きが無いように感じます。
また、当人も疲れると思います。
だから、他者に対して不快感を与えるから、結果的には人は寄ってこなくなり、良好な人間関係は築けません。最初から完璧を狙わないことが大切です。
なにをしても、好感を持たれない人の存在を認めることも大切です。

一方、美人に対して、容姿が劣る事を「ブス」と表現し、漢字では「附子」と書き、基本的には顔を指しますが、最近では「精神的ブス」、「性格ブス」と言う言葉も有るようです。

美味しいと言わない、挨拶をしない、笑顔が無い、陰気臭い、消極的、夢や希望が無い、人の話を聞こうとしない、感謝の心が無い、傲慢等、どんな人にも内面的なブスの要素はありますが、一つずつクリアして、素敵なマナーを発揮したいものですね。そして常に主体性を持ち、自分らしく、より善く生きていくことが大切だと思います。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1531《頼りにされる人になるための心構えとは?》

彼岸過ぎに街を歩いていると、秋の風に乗って、どこからともなくいい匂いが漂ってくることがあります。小さなオ...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1530《人から頼りにされていますか?》

庭や野山の草花に宿る白露が秋の趣を深めるようになったら、春にやってきたツバメが日本から遠のき、南へと移動し...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ