コラム

 公開日: 2013-11-07 

マナーうんちく話620≪「念入りしぐさ」と「うかつしぐさ」≫

急に寒くなり、落ち葉が舞い散り、冬の気配がほのかに漂う頃になりました。
今日11月7日は「立冬」で、季節はいよいよ冬です。

旧暦では10月と11月と12月が冬ですが、二十四節季では「立冬」から「立春」の前日までが冬になります。

また、天文学的には冬至(平成25年は12月22日)から立春の前日になりますが、現在では一般的に12月と1月と2月の終わり頃ではないでしょうか?

そして立冬の頃にやってくるのが、先日のニュースにも有りました、冬の到来を告げる「木枯らし1号」です。春を告げる「春1番」は、なんとなく浮き浮き感が漂いますが、木枯らし1号は、これから寒さに立ち向かうわけですから、何かと準備が大変です。自然も、動物も、人間も・・・。

特に昔は今のように、住まいも、着る物も、食べる物も、照明も乏しかったので、冬を迎える準備において、手抜きは致命的になります。

ところで、沢山存在する江戸しぐさの一つに「念いりしぐさ」があります。
念には念を入れて確認するしぐさですが、江戸時代の人は特に、何事に付け大変用心深かったわけですね。

中でも、江戸時代の住居は密集しており、しかも全てが木造建築で、加えて照明がロウソクのような火を用いていたので、事の他「火の用人」には神経を使っていたようです。

当時の、恐ろしい物を順に体裁よくまとめた言葉に、「地震・雷・火事・親父」とあるように、火事に対する念いりしぐさは半端では無かったと思います。

ちなみに、江戸しぐさは、商人が「商売がうまく運ぶように工夫したしぐさ」ですから、商いにおいても、念いりしぐさは大変重要な役目を果たしていたと思われます。お客様を欺くような事があっては大変です。

お客様をお迎えするに当たり、ゴミは落ちていないか、埃は無いか、店先の商品はキチンと陳列されているか、在庫はどうか、釣り銭はどうか、お茶はあるか、表示は間違っていないか等など・・・。

現代でも公私とも大いに参考になる仕草ですが、当時と違って、今は何もかも複雑多様化されており、数も多いですから、念いりしぐさも数えきれない位あるのではないでしょうか。

今では、当時のアナログの要素を、デジタル化して、あらかじめ登録されている情報をクリックするだけですから、思いの他、便利で楽になりましたね。

ただし、これでは直接考えることも、感じることもできません。
また、なにもかも機械任せで有れば、いざという時に多大なリスクを負う羽目にも成りかねません。

念には念を入れ、必要に応じて正しい情報を取捨選択する必要もあると考えます。加えて、手間・暇を掛けてでも、デジタル思考に依存することも大切ではないでしょうか?
なによりも、日常における互いのコミュニケーションは欠かせません。

念いりしぐさの要素は本当に多いですが、あくまで念を入れることが出来るのは段取りの段階までで、おきてしまった結果に対しては念を入れることは不可能です。「覆水盆に返らず」と言う言葉があります。

「備えあれば憂いなし」とも言われます。
普段から念入りな準備をしておくと、何が起こっても安心だという意味です。

一方、「うかつしぐさ」と言われるしぐさも有ります。
「うかつ」とは、うっかりした様や注意が足りない様です。

「クルマエビ」入りのお節料理との表示を見て買ったけど、結局ブラックタイガーであった。今ならすぐにクレームをつけますが、当時の人は「自分に見抜く力がなかったことを恥じる」わけですね。

今回の有名ホテルやデパート等の一連の事件。
偽装表示か?誤表示か?真意のほどは解りませんが、大勢の人が不快な思いをしたことは確かです。
うかつしぐさを見習いたいものですね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

11

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ