コラム

 公開日: 2013-11-06 

マナーうんちく話619≪食材偽装とわがまま消費者≫

地球上の全人口約71億5000万人のうち、その日の食べ物や飲み物に困っている人が8億人以上、さらに飢餓で命を落とす人が一日に数万人いると言われる中において、世界一飽食の国と言われる日本人は、本当に贅沢な食生活を謳歌していると思います。

ちなみに、皆様は「飽食の国」と言う言葉に、どんなイメージをお持ちでしょうか?飽食と言う言葉には、食べ物を粗末にしたり、自分の好きな物や、美味しい物だけを食べることを戒める意味が、多分に含まれています。
一方、食べ物の安心・安全に関してはとても敏感です。

ところで昔流行った「赤信号みんなで渡れば怖くない」というギャグをご存知でしょうか?個人で有れば侵さない間違いでもみんなやっていると、つい魔が差すのでしょうか?

食材偽装問題。一流ホテルに続き、一流百貨店までが浮上しましたね。

法律とマナーの大きく異なる点は、法律は違反すれば罰則規定がありますが、マナーには有りません。しかし、マナーをおろそかにすると、時として法律以上に大きなダメージを受けます。信用を失うことです。
過去に何社も有名企業が破たんに追い込まれていますね。

偽装する側と騙される消費者では、明らかに偽装する側に非があると思いますが、今回の事件を契機に、消費者サイドでも心掛けたい点が多々あると思いますので、幾つか触れてみます。

○メニューのオーバーな表現や美辞麗句に惑われない。
最近の店はいずこも表現力が豊かでメニュー表示がとても上手です。しかし、「ヘルシー」「とれとれ」「チドリ」「直送」の表現は魅力的ですが、基準が大変不鮮明です。

○ブランドに不必要にこだわらない。
ブランド化を試みている所は多々あります。値段が高く取れるからです。しかし、野菜・魚・肉・果物等も無名の物でも美味しい物は沢山あります。また、味の違いは、ブランドもさることながら、鮮度や味付け等様々な要因がからみますので、非常に難しいと思います。また、味覚教育も十分とは言えません。

○一流・有名に不必要にこだわらない。
一流・有名店に一流の人がいるとは限りません。二流・三流と言われる店にも、本当に顧客満足を求めて時密な努力をしている素晴らしい人は沢山います。

○日頃から家庭の食事を大切にして下さい。
日常における家庭での食事を大切にすることが一番です。出来る限り手作りで、料理を楽しむ事、味わう事、丁寧に取るという事を大切にして下さい。
そして外食では、家庭では味わえない雰囲気や味を楽しんで下さい。

つい半世紀前までは、食事と言えばほとんど家庭で作ったものでしたが、今では便利になり過ぎて、工場で作られた食べ物がいつでも家庭の食卓に並ぶようになりました。その分感謝の心も失せたようです。

私たちの体を構成する物質は、口にする物、すなわち「食べ物」で成り立ちますが、食べ物は、全て命あるモノです。魚・肉・野菜等・・・。

そして、人間は、自分の命を長らえるために、魚や肉や野菜や果物の命を頂くわけです。つまり、食べ物とは、この世で一番大切な命に他なりません。
日本人が食前に発する「いただきます」の言葉は、まさに命を頂くわけです。

だから、農業・漁業に携わる人も、食品会社で働く人も、レストランや料亭で働く人も、ある面においては非常に崇高な仕事に携わっているわけですから、常に誇りとプライドを持って頂きたいものです。

消費者は「頂きます」の気持ちと共に、苦労して料理を作ってくれてありがとうと言う「ご馳走様」の感謝の気持ちを大切にして下さいね。

加えて、日本人は食べ物に口うるさくて我儘過ぎると感じます。大きさ、形、見た目等に対して不必要に、こだわり過ぎではないでしょうか?
さらに、食料自給率が39%しかない事実をしっかり認識するべきです。

今回の事件を契機に、今後益々食品の安心・安全が追求されると思いますが、食材を提供する側も、料理を作る側も、頂く側も、食べ物に関する本質を忘れないように心がけることが、必要不可欠だと痛感します。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ