コラム

 公開日: 2013-10-31 

マナーうんちく話615≪ハロウィンは結局なんの行事なの?≫

古代ケルト民族によると、10月31日は一年の終わりであり、この日になると死者の霊が里帰りする言い伝えがあります。

それと共に、黒ネコやほうきに乗った悪霊達も一緒にやってきて、色々と悪さをすると信じられていました。

そして、里帰りする霊を迎えるために、蕪(カブ)をくりぬいて、ロウソクを入れたラタンで玄関を明るくしたわけですが、ハロウィンがアメリカに渡ると同時に、蕪がカボチャになったようです。

加えて、悪霊達から身を守るために、焚き火をしたり、仮面をかぶったり仮装して、悪霊達に溶け込み、目をくらませたわけです。

また、この日は仮装した子供が、「お菓子をくれなければ悪さをするぞ!」といって家々を回りますが、このお菓子には、外を徘徊している悪霊達が家の中に入り込まないように、お菓子を与えて、気分良く元の世界に戻って頂く意味が込められています。

ちなみに、ハロウィンのテーマカラーは黒とオレンジですが、黒色はこの世に里帰りする死者の霊で、オレンジ色は収穫を意味すると言われております。

ラタンにロウソクをともして死者の霊を迎えるのは、迎え火を焚いて死者の霊を迎える日本のお盆の行事に、収穫は日本の秋まつりに似ていますね。

従って、ハロウィンの行事は、日本の「お盆」と「秋祭り」の行事が結びついたようなものでしょうか?

それにしてもハロウィンはすっかり日本に定着し、年々盛大になり、今やバレンタインをしのぐ勢いのようです。

では、なぜキリスト教に関連した行事が、なぜ神様(神道)・仏様(仏教)の国で、こんなに人気が出たのでしょうか?

理由は、日本のテーマパークがイベントで取り上げ好評を得た、英語教育の中で取り上げ広く知られるようになった、仮装することがお祭り好きな日本人に受けたなど等がありますが、クリスマスのイベントと同じように、ビジネスにおける売上向上対策が功を奏したのではないかと思われます。

ところで、日本には明治維新と共に欧米諸国から、実に多種多彩な行事が一度に入ってきました。クリスマス・母の日・父の日、そしてバレンタインなど等。

その殆どがキリスト教にちなんだ行事ですが、それらが神様・仏様の国にやってきて、やがて本家をしのぐほど盛んになるには、やはり日本人の商魂たくましさが大ではないかと考えます。外国ではあまり例がないですね。

勿論経済が活気づくのは大歓迎です。
しかし、一方で日本に何百年も続く行事やしきたりが、消え薄れていくのは寂しい気がします。

今や日本人で、キリストの誕生を知らない人はいないでしょう。
しかしお釈迦様の誕生を知ってお祝いする人は非常に少なくなりました。
結婚式も、神前式より殆どの人がキリスト教式で執り行いますが、何かお願い事が有れば神様・仏様にお願いします。

日本のお盆の行事に子どもはほとんど関与しませんが、ハロウィンは殆どの子どもが楽しみます。そして、ハロウィンのカボチャを知らない子どもはいませんが、冬至のカボチャや、正月に頂くお年玉が「年神様からのプレゼント」だと理解している子どもは何人いるでしょうか?

さらに、ハロウィンは占いが有名のようですが、日本人は昔から、「しきたり」や「おまじない」に囲まれて生活しています。

加えて、「雛祭り」「七夕」「七五三」等のように、何百年も続くしきたりには、先人たちが「なぜそうしたか」という明確な理由が必ず存在しており、そこには、日本の四季や気候風土や国民性にマッチした、心豊かな生活をする知恵やヒント及び感謝の心が凝縮されております。

「儲かればいい」、「子どもが喜べばいい」のではなく、「ハロウィンの行事とは何か?」、「なぜハロウィンの行事を行うのか?」等と言う理由をキチンと子どもに教えてこそ、ハロウィンの行事がより生きて来るのではないでしょうか?

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ