コラム

 公開日: 2013-10-30 

マナーうんちく話614≪まだ上げ初めし前髪の・・・。≫

10月もそろそろ終わりですね。
この時期になると、ふと物思いにふけることはありませんか?

もの思いにも色々あります。
枯れ葉が舞い散る姿を見て、「自分もやがて同じような運命をたどるのか?」と感じる人もいれば、「恋しいあの人は今頃どうしているか?」と、思いにふける人もいることでしょう。

今日10月30日は「初恋の日」です。
今から100年以上前になりますが、明治29年(1896年)に島崎藤村が、文学界に「初恋」というタイトルの詩を発表したのにちなんでつけられた名前ですが、日本近代史を代表する傑作と言われていますから、青春時代に詠まれた方も多いと思います。

まだあげ初めし 前髪の 林檎のもとに 見えしとき・・・。

明治の頃は、今のように自由恋愛ではなく、若い男女が恋に陥るのはタブーとされていた時代ですから、恋をするには勇気がいったことでしょうね。

そして、昔から「恋は盲目」と言われます。英語ではLobe is Blind と表現します。恋に陥ると、常識や理性が失われるという意味です。

また、「恋は曲者(くせもの)」とも言われます。
恋をしたら分別を失い、思いもかけないことをするという意味です。

さらに、「恋は思案の他(ほか)」とも言われますね。
恋は理性や常識では割り切れないという意味です。

いずれかに当てはまる経験をされたことも多いと思いますが、一番多いのは、恋をして盲目になる事ではないでしょうか?

しかし、盲目になっては、恋する人しか見えなくなり、他の人も自分さえも見えなくなるので感心しません。
でも、何事も経験することは素晴らしい事だと思います。
なにより、「人を想う」ということはとても良い事だと感じます。

まだ他にも、恋をすると良い事がいっぱいあります。
例えば、恋をすると美しくなります。最近の研究では恋をすると脳内ホルモンが分泌され、結果美しくなれるというのは常識になっています。

加えて、他者に対して優しくなり、思いやりの心が目覚めます。
さらに、恋が恋愛に発展すれば、相手が喜んでくれれば、「相手のためなら何でもできる」という無償の愛情が芽生えます。また、感性も磨かれます。


現在、日本は世界一長寿の国です。
永生きを競うことも大切ですが、如何に充実して生きるかが問われる時代です。
また、高齢者も恋をして、心をときめかせると認知症が遠のき、長寿を謳歌できます。だから形にこだわらない「老後婚」が今大流行りです。
恋は老若男女、例外なく素晴らしいものです。

世の中に、恋をすることほど沢山の効能があるモノは思い付きません。
だから、恋をする事をお勧めします。

と言うことで、出会いを求めた婚活が盛んですが、婚活に参加する以前に、出会いをモノにできるような、素敵なマナーやコミュニケーション能力を身に付ける事も必要だと考えます。

婚活イベントに参加して、自分が「素敵だ」と思った人を見つけたら、その人からも「素敵だ」と思われることが肝心です。

最後に、出会いをモノにする、とっておきの方法を伝授します。
それは、相手を「心地良い気分にする」ことです。

マナーの根源をなす「思いやりの心」は、相手に好感を与えることです。
相手になびいてもらうには、先ず自分から心を開くことです。
加えて、「聴き上手」になることもお勧めです。

学校の授業でも予習の大切さが改めて話題になっているようですが、恋をして、実り多きものにするにも予習は大切です。つまりマナーを身に付けることです。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1450《「753現象」と上司と部下の関係》

突然ですが「七五三現象」をご存知でしょうか?新卒で就職した人のうち、中卒の人は7割、高卒の人5割、大卒の...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのま...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1448《「花水木」と「返礼文化」と「国際儀礼」》

桜がすっかり「葉桜」になりました。日本人の桜好きは特別で、桜の花が咲くプロセスを「一分咲き」「五分咲き」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1447《「穀雨」の頃、雨や風のない人生には輝きがない》

「春は嵐と共にやってくる」とか「春に3日の晴れ無し」とも言われますが、春の天気は人の心と同じように、移り変...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1446《「了解しました」「承知しました」「かしこまりました」の使い分け》

別にこれといった理由があるわけでもないのに、心と身体をウキウキさせてくれる春の風。「前向きに頑張ろうよ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ