コラム

 公開日: 2013-10-25 

マナーうんちく話612≪恋には和歌、政治には礼儀作法≫

春は日毎に日が長くなっていきますので、日が暮れそうですがなかなか暮れませんが、秋は「釣瓶落とし」といわれるように、暮れないようで急に暗くなり、長い夜が始まります。

今は夜になっても楽しみはいくらでもありますが、行燈(あんどん)や松明(たいまつ)に依存していた頃は、秋の夜長は、さぞかし大変だったことと思います。
そして、秋が深まってくると目にするようになるのが「紫式部」です。
植物の事ですが、ご存知でしょうか?

今頃になると光沢のある美しい紫色の小さな果実を沢山つける、どこにでもある樹木です。赤色の実は結構沢山ありますが、紫の実は珍しいです。

名前の由来は、江戸時代の植木職人が、平安時代の女性作家であり歌人である紫式部の名前になぞらえて、名付けたと言われています。

ところで、紫式部は「源氏物語の作者」と言われている人ですが、源氏物語と言えば、平安貴族の恋と優雅な生活が思い浮かびますね。

日本の年中行事は、平安貴族に端を発するものが多々あります。
成人式、雛祭り、端午の節句、七夕、重陽の節句、お月見、紅葉狩り等などは、平安貴族から続く日本の美しい習慣で、旬の植物からエネルギーを吸収したり、
お祓いの意味もあったようですよ。

また、十二単(じゅうにひとえ)も優雅な姿であったと思います。
ただ十二単は年中ではなく、貴族階級が住んでいた京都は、夏は蒸し暑く暑く、冬は寒いので、脱いだり着たりして調整していたようです。

しかし、着物はいくら美しくても、当時は風呂があまり発達していません。
蒸し風呂のスタイルだったようですが、毎日と言うわけにはいきません。
従って身体が匂ってくるわけですが、どう対処したと思いますか?

実はこの匂いを紛らわすために「香」が発達したと言われています。
西洋のベルサイユ宮殿も非常に立派な建物ですが、当時はトイレも完備してなく、いわば垂れ流しのような状態だったので、あたり一面匂いが立ち込めており、この臭い消しのために香水が発達したと聞きますが良く似ていますね。

そして気になるのが当時の恋愛です。
電話やメールが無い時代ですから、意思の伝達方法は手紙になります。
しかし、手紙ならなんでもいいわけでなく、「和歌」になります。
つまり、恋を成就させるには、文字や和歌が上手になることが必要なわけです。

一方、和歌を頂いた女性は、返事を和歌で返えさなければいけません。
こうしたやり取りが何回か続きデートとなるわけですが、当時は男性が女性の家に、夜になって出向き、夜が明けぬうちに帰ったようです。

だから、恋に無縁な人は長い夜をひたすら耐えるわけですが、恋を楽しむ人にとって夜が長くなる事は、それだけ逢瀬の時間が増えるので嬉しくなります。

加えて、平安時代の高級官僚たちは、礼儀作法を政治の根幹をなすものとして非常に大切に考えてきました。礼儀作法に精通することが出世の条件です。

そして貴族階級が栄えれば栄えるほど、貴族たちはそれを維持するために、その都度、多種多様な礼儀作法を作り、これらをキチンと伝達する仕組みとして「有職(ゆうそく)」を誕生させました。

有職は、最初は儀礼・典礼・官職に精通した知識人を意味していましたが、やがて儀礼や典礼を意味するようになります。平安時代は400年以上続いており、これは世界に例を見ない誠にすばらしいことですが、公家の政治体制がこのように長きに渡り持続できたのは、ひとえに、このような礼節が維持されてきたからではないでしょうか?

ちなみに、西洋社会にはエチケットが存在します。
これは、フランスの宮廷で開催される煌びやかなパーティーの、参加者のもてなしから生まれた礼儀作法だと言われていますが、いずれも、特権階級を維持するために、礼儀作法が果たした役目は大きかったようですね。

源氏物語は平安時代に書かれた、日本最古の長編小説です。
そして、これを女性が書いたということに世界中が驚いたそうですが、日本人女性は誠に素晴らしかったと思います。
その遺伝子を保有している現代の女性には益々輝いて頂きたいものです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ