コラム

 公開日: 2013-10-20 

マナーうんちく話610≪人の心と秋の空≫

今日10月20日は「土用の入り」です。
今では土用と言えば、夏の鰻を連想される方が多いと思いますが、土用とは雑節の一つで、「4立」、すなわち立夏・立秋・立冬・立春の直前18日間を意味する言葉で、その始まりを「土用の入り」と表現します。

平成25年の立冬は11月7日ですから、今日が「秋の土用入り」と言うことになります。
そして、土用には様々な「禁忌(きんき)」があります。

ちなみに禁忌とは、現代ではあまり気にすることは無くなりましたが、忌(い)み嫌って、慣習的に「してはいけない」とされていることです。

昔の人は、土用は季節が大きく変わる時だから、「無理をしないで体調管理をしっかりしなさいよ」と戒めたわけです。
そういえば最近急に寒くなりましたので、充分ご自愛くださいね。

そして、この時期になると、低気圧と高気圧が日本の上空を通過するので、空模様も大きく変わり易くなります。
朝晴れていても、昼には曇ったり、雨に見舞われることも珍しく無くなります。

「女心と秋の空」と言われます。
女心は、秋の空のように移り変わりが激しいという意味です。

では、男はどうか?と言えば、男心も常に安定しているとは言えません。
だから、「男心と春の空」と言われます。
春の天気も、秋と同じようにコロコロ変わります。

秋の空・春の空・女心・男心等の表現の仕方は色々あるようですが、要は人の心は常に変化するという意味です。

簡単に変わってもらっては困るケースと、状況や時の流れに応じて変わらざるを得ないケースも有りますので、一概には言えませんが、豊かで便利な世の中になるにつれ、人間力が弱くなっている気がしてなりません。

「人間力」とは、自立した一人前の人として、世の中を力強く生きていく総合的な力です。
つまり、自分の未来を明るく切り開いていく力で、テストの成績やスキルだけで比較することはできません。

したがって、この人間力がどの程度兼ね備わっているかどうかで、自分の人生が大きく変わってくると言えます。

具体的には、仕事をする力、恋をする力、結婚して家庭を築き子育てをする力、さらに世界一長寿になった国で、仕事や子育てを終えた後の人生をいかに心豊かに生きるかという力、社会に貢献する力等などです。

そして、人間力が弱ければ、家庭では団らんの時間が無くなり不和の状態に陥ります。学校ではクラス崩壊・いじめ・不登校・校内暴力が多発しそうです。また、職場ではパワハラ・セクハラ・若者の早期離職が発生し、社会全体では無縁社会というキーワードが生まれ孤独死・自殺・離婚・悪質な詐欺等の増加が目立つようになります。

日本は四季に恵まれ、豊かで便利で平和で、さらに教育水準も非常に高い国であるにもかかわらず、幸福度がそれに追いつけず、矛盾に満ちていますが、不思議なことに、人間力を高めようとする動きは全然見えてきません。

政治・政策面で論争になることもありません。
お笑い番組やグルメ番組は氾濫していますが、マスコミが人の在り方について話題にすることはありません。

教育面でもしかりです。
政権や首長が変わる度に教育の再生が叫ばれますが、人間力そのものを総合的に高める政策は見えません。

それでは、一体全体何が原因で人間力が弱体化しているかと言えば、ひとえに家庭における子供の躾の在り方ではないでしょうか?

家庭でも、学校でも、社会でも、利便性や物質的な豊かさのみを追求しすぎます。さらに、人間力を高めるのに一番大切な家庭における躾けが非常に弱くなっているのが気になります。「マナーうんちく話611」に続きます。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1539《日常生活を心豊かにする「ささやかな幸せ」の感じ方》

秋は月。そして虫の声。昨夜の月はとてもきれいでしたが、一年の中でも一番美しいといわれる秋の月を眺めて...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ