コラム

 公開日: 2013-10-19 

1日1分!女子力向上マナー21≪大人の女の社交辞令≫

予定していたお客様が訪ねてきたので、お茶を出して接待しています。
お客様が予定していた時間より、やや早めに、いとまを切りだしました。

この際、お客様を一旦引き留めますか?あるいは、言われるままにお見送りしますか?

どう対処したらいいか迷うところですが、プライベートシーンでもビジネスシーンでも、どうすべきか?という明確な答えはありません。

従って、このような場合は、自分の気持ちに忠実になればいいと考えます。
つまり、あまり気分が乗らなければ、そのまま素直にお帰り頂くのが良いですが、このお客様と出来る事ならもう少し話しがしたいと思ったら、お引き留めすればいいでしょう。
お引き留めする時に、飲み物を差し替えるのもお勧めです。

色々な場面において、人付き合いを良好にするために、言葉を発した方が良いと思われる挨拶や称賛を「社交辞令」と言いまが、社交辞令は言えばいいものではありません。

ちなみに、日常生活でよく使用される社交辞令は、「また、お茶しない」「近いうちにお食事でも」「お近くにこられたら是非おより下さい」等がありますね。

大切な事は、社交辞令を言うのがマナーではなく、行った事を実行するのがマナーだということです。

だから、「またお茶しない」とか「近いうちにお食事でも」と言ったら、本当に近いうちに、お茶や食事に誘うことが大切です。

「是非お寄り下さい」と言って、本当に立ち寄られたら、無愛想にしないで、心を込めてもてなしをするのがマナーです。

社交辞令は、言われた方も、言葉通りに受け取らないということが社会通念になっている風潮がありますが、これでは心の交流は図れません。

お世辞にせよ社交辞令にせよ、言えないより、言える方が良いと思いますが、形より心が大切です。

つまり、いくらお世辞でも、相手の本当に良いところを観察することです。
社交辞令も、言ったら実行することです。

人は、お世辞や社交辞令を言われた結果に喜びを感じるのではなく、お世辞や社交辞令を言ってもらえるほど「気にかけてもらっていること」に大きな充実感を感じます。

だから、無理して、褒めたり、お世辞を言ったり、社交辞令を言うより、兎に角、相手に歩み寄り、相手を理解することです。

加えて、飾り言葉や美辞麗句は不必要です。
「平松さんとお話しが出来て大変嬉しかったです」とか、「折角の機会ですから是非もう少しお話を聞かせて下さい」等と、時間を共有したことへの感謝の気持ちを、素直に、笑顔で表現できれば女子力はグーンとアップします。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1396《どうしても嫌な人との接し方》

日本は世界屈指の長寿国です。つまり世界で一番長い気が出来る国ですが、問題は長生きを競うより、長い人生をい...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1395《正しく使用したい慣用句。「気がおけない」「的を射る」の使い方》

言葉は感性そのものかもしれません。美しい言葉を沢山持っている人は、それだけで魅力的です。特に日本は四...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1394《厳寒の中のぬくもり!苦労を経験すればするほど人は磨かれる》

この冬最大級の冬将軍が居座っていますが1月20日は二十四節季の一つ「大寒」で、一年で最も寒い時期です。ま...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ