コラム

 公開日: 2013-10-17 

マナーうんちく話608≪満ちれば欠ける≫

陰暦の8月15日の月を「中秋の名月」と呼び、宴を催す習慣は中国から伝わったようですが、日本では平安貴族が、歌を詠み、楽器を奏でながら、優雅に楽しんでいたことが知られております。

やがて、江戸時代には一般庶民にも普及し、米粉で作った団子や芋や芒(すすき)をお供えして、十五夜の月を観賞する行事として根付きました。

また、この「十五夜」に対して、陰暦9月13日の月を「十三夜の月」、あるいは「後の月(のちのつき)」として楽しむ、日本独自の習慣を作りました。
栗が実る頃ですから「栗名月」ともいわれます。

そして、陰暦9月13日が、平成25年は10月17日です。
9月の中秋の名月を楽しまれた方は、今日の十三夜の月も是非愛でて下さいね。
なぜなら、十五夜のお月見をして、十三夜をしないのは、「片月見」といって地域によっては、忌む場合もあるからです。現在では、殆ど気にする人はいませんが、美しいものは何回鑑賞してもいいものです。

ところで、9月は「十五夜の満月」を楽しむわけですが、10月はなぜ満月ではなく「十三夜の月」なのでしょうか?

日本人は、完全でない未完成なものに、価値を置く傾向が有ったようです。
昔の人は、「満つれば欠ける」と言っています。
「登りつめれば下り坂」とも言われます。最高になったら後は落ちるだけだから、あえて一部を残して完成させないようにしたわけです。

例えば、扇子のマナーにもその傾向が見られます。
扇子は全て開かずに一部を残しておくのがマナーですが、その理由は、扇子を全て開いてしまったら、これより先が無いから、これ以上は開きません。

つまり、今後ともさらに幸運に恵まれるようにと、あえて一部を残しておくわけです。

日本には、「奥ゆかしい」という大変美しい言葉がありますが、この言葉もそうではないでしょうか?

「奥」とは心の奥、「ゆかしい」とは行きたいという意味です。
あなたの心の奥に行きたい、つまり、「あなたの事をもっと知りたい」と思わせることに他なりません。

初めて人に会って、自分の事ばかりを一方的に話すのではなく、聞き役に回り、相手から、「今日は私ばかりしゃべったので、次回はあなたの事を聞きたいわ」と思わせることです。

十三夜を愛でることにせよ、扇子のマナーにせよ、奥ゆかしさと言い、あえて完璧にしない、日本人ならではの心意気が良いですね。

しかし、そうは言っても、いつかは「頂上に立ちたい」という望みを持ち、それを叶えたいという欲望はあります。

例えば、今は平社員だが、いずれは社長になりたいとか、一国一城の主人になりたいと願っている人も多いと思います。

今は単なる恋人だけど、やがて恋愛に発展させ、最終的には結婚したいと願っている人もしかりです。

その願いが成就するように常に努力することが大切です。
そして、願いが叶った時には、「満ちれば欠ける」事を理解し、その時を大事にしていただきたいものです。

願いが叶った時は、今までの人生で最高の喜びを味わえる時だと思いますが、残念ながらいつまでも持続しません。

サラリーマンなら定年があります。また、いつまでもトップに君臨するのではなく次世代にその座を譲らなければいけません。結婚が実現すれば離婚に至る可能性も出てきます。

この事を考えると、折角希望がかなえられた時に、愚痴を言ったり気を緩めたりしたら勿体ない限りです。
「満ちれば欠ける」事を知り、今を全身全霊で生きると共に、謙虚になることも大切ですね。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1530《人から頼りにされていますか?》

庭や野山の草花に宿る白露が秋の趣を深めるようになったら、春にやってきたツバメが日本から遠のき、南へと移動し...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ