コラム

 公開日: 2013-10-11 

1日1分!女子力向上マナー18≪立食パーティーのマナー≫

午後6時受付、7時開宴の立食パーティーに参加することになりました。
この時、
1、6:00頃に会場に行く。
2、6:30頃に行く。
3、6:55頃に行く。
さて、あなたはどのタイプでしょうか?

立食パーティーの席では女子力がよく解ります。
つまり、パーティー会場は、素敵なマナーを発揮できる人と、そうでない人の違いが歴然とする場なのです。
立食パーティーで素敵なマナーを発揮できる女性は、大勢の中で、良い意味で目立ちます。

料亭での会席料理にせよ、ホテルのフレンチにせよ、座って食す場合は、居場所が固定されますから、そんなに目立ちません。
しかし、立食の場合は、常に移動し、色々な人との交流が有りますから、多様なマナーが要求されます。

パーティー会場には、開宴会時間ぎりぎりに行くのではなく、早めに行きます。なぜなら、開宴になるまで、できる限り沢山の人と、知り合いになるチャンスがあるからです。

入場の際には、慣れてない人は入り口に固まりがちですが、これは後に続く人に迷惑になります。積極的に前に進んで下さい。

乾杯前の挨拶は、話し手の方を見てキチンと聴いて下さい。
乾杯は主賓の方を向き、グラスを眼の高さまで上げます。
隣の人とグラスを合わす必要はありませんが、求められたら気持ち良く答えて下さいね。

料理の取り方も大切です。
乾杯が始まったら料理は遠慮なく食べればいいですが、大抵の人は珍しい料理を皿いっぱいに盛ります。高い会費を払ったのだから元をとらなくては、と言う気持ちは解りますが、元の取り方は単に飲んで食べるばかりではありません。

しかし、女性にとって料理は何と言っても大きな魅力です。
テーブルの料理は時計回りに取り、取り終えたら速やかにテーブルから離れて下さい。冷たい料理、暖かい料理は分けて、皿に少なめに盛り、度々皿を変えるのがポイントです。くれぐれも大盛りにしないでください。

そして次は会話です。立食パーティーは会話を楽しむことが目的ですから、積極的に会話に励んで下さい。

但し、知り合いばかりで固まるのではなく、出来る限り多くの方、出来れば初対面の人とも前向きに交流を持って下さい。

声を掛けられるのを待つのではなく自ら声を掛けることです。「お初にお目にかかります。岡山ハッピーコミュニケーションの平松幹夫です。よろしくお願いいたします。」と切り出せば、相手も名乗ってくれますので会話がスタートします。また、主催者に色々な人を紹介して頂く手も有ります

よく見かける行為ですが、椅子に座ってしまう人が珍しくありません。椅子席は優先席と考え、出来る限り立ったままで行動して下さい。異動する時は、お皿は置いてグラスだけ持つ方がスマートです。

盛り上がらないパーティーは空気が淀んできて、雰囲気が気まずくなります。少なくとも会場を、2回から3回転位異動するのがお勧めです。

さらに、パーティーを盛り上げることも大切です。子供じみたゲーム等と思わないで、ゲーム等には積極的に参加して会を盛り上げて下さいね。

最後に、男性からレディーファーストを発揮されたら、遠慮しないで「笑顔のありがとう」で答えて下さい。

終了後の挨拶は大切です。全員にするのは無理です。気に行った人が出来たら、その人に「今日は平松さんにお会いでき嬉しかったです。今後ともよろしくお願いします」等と言って別れるのがお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1564《あなたはいくつ当てはまる?「理想のいい夫婦像」とは》

例年より早く各地から雪の便りが届くようになりましたが、11月22日は二十四節気の一つ「小雪」です。平地でも...

[ 結婚のマナー ]

マナーうんちくばなし1563《どう違う「水引」と「リボン」②》

【水引の色】水引の色にはいろいろありますが、大きく分けて慶事用と弔事用になります。最も多いのは「赤と白...

[ 贈答のマナー ]

マナーうんちく話1562《どう違う?「水引」と「リボン」①》

お歳暮やクリスマスプレゼントに縁が深い人は多いと思います。恐らくお歳暮とクリスマスプレゼントの両方を、贈...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1561《どう違う?「お返し」と「内祝い」》

日本人は世界中の中でも贈り物をしたり、されたりするのが大変好きな国民のようですが、多くの人が贈り物をするお...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1560《七五三がテーマのわらべ歌と子育て》

「子どもは神の子」といわれていた時代、三歳、五歳の子供が成長すれば喜びも大きかったわけですが、七歳になれば...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ