コラム

 公開日: 2013-10-10 

マナーうんちく話605≪人生の旬≫

日中は汗ばむ夏日でも、朝晩の冷涼さには秋の深まりを感じます。
そしていよいよキノコ狩りシーズン到来で、味覚の王様とも言える松茸が旬を迎え、店頭で目立つようになりました。

ところで、「旬」という漢字を数字で表現すると、どんな数字が当てはまると思いますか?

旬は、「10日」を意味する言葉です。
一か月を10日ずつ分けて、上旬・中旬・下旬と言います。

中世の頃には朝廷で、旬の始め、つまり1日と11日と21日に、臣下から天皇が政務についての話しを聞き、その後、季節の野菜や魚で宴を催す「旬儀」といわれる儀式が行われ、これを略して「旬」と言ったのが始まりです。

今では、季節の食べ物の事を意味する言葉になったわけですが、詳しくは「旬」と表現する場合には、概ね3つの意味が込められています。

○季節を先取りするケース。
「初モノを食べると寿命が伸びる」と言われて、縁起が良い食べ物ですが、この時期は供給が少なく値段の高いのが特徴です。桃やマスカットや松茸等は、出始めに非常に高い値がつきます。

○収穫量が最盛期に当たる時期。
最もよく使われる意味です。食物が一番多く収穫される時ですから、値段もグーンと安くなり手に入りやすい時期です。

○素材の栄養価が高まり、味も美味しくなる時期。
誠に理にかなっていますね。

大体以上ですが、最近は異常気象の影響や冷凍技術や温室栽培等の技術が進歩し、さらに輸入が増加してきたので、明確に旬が定められなくなりました。

また、苺や鰻は需要と供給の加減で旬を勘違いしている人も多いようです。
例えば、クリスマスケーキを作るのに大量に使用されるイチゴの旬は冬だと思いこんでいる人や、鰻の旬を夏だと思い込んでいる人も珍しくありません。

しかし何と言っても、旬の食べ物は季節からの大切な贈り物です。
感謝の気持ちを込めて、美味しく、楽しく、賢く頂きたいものです。

ところで、食べ物と同様に、人生にも旬があるのではないでしょうか?
日本は世界一「飽食の国」であり「美食の国」であると共に、世界一「長寿の国」です。と言うことは、日本は世界一高齢者が多い国です。
100歳以上の人が、全国に54000人以上います。

昔から高齢になると、「盛(さかり)りは過ぎた」とか、「枯れすすき」とか言われますが、耳が痛い言葉ですね。

しかし、長寿の国では、人生の旬を先送りする試みも熱心に行われています。
「アンチエイジング」もそうですし、「晩婚化」や「晩産化」もしかりです。

加齢を、素直に受け入れるか、彼に逆らい少しでも若返りを図るか?
どちらの生き方にも一理ありますが、いずれを選択するかは人それぞれです。

しかし、長い人生にはそれぞれの節目に有った生き方があり、それに見合った旬が有ると思います。だからそれを尊重すればいいと私は思います。

例えば、体力的には若い時が旬ですが、メンタル面や知識面等は高齢期になってからが旬になります。

幾つ歳を重ねても運動・睡眠・栄養に留意し、健康で元気を保つことは必要ですが、いつまでも若さを保つための旬に依存するのではなく、加齢と共に、身体の旬は若者に託し、若者では頼りないメンタルな部分に磨きをかける努力が大切だと考えます。
亀の甲より年の功です。

長年培ってきた経験・知識・生活の知恵をフル活用して、次世代に伝えたい事や教えたい事が沢山あります。そのためには若い時期から外面と内面に磨きをかけ、高齢になっても高齢期の旬を味わう努力が必要です。
そのためには、素敵なマナーを身に付けることをお勧めします。
そして、私のつたないコラムがその一助になれば嬉しい限りです。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1603《「小寒の氷 大寒に解く」。物事は思い通りにはいかない・・・。》

3月から4月並みの気温が続いていますが、1月20日は二十四節気のひとつ「大寒」です。暦の上では一年で一番寒い...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ