コラム

 公開日: 2013-10-06 

マナーうんちく話603≪自分が笑えば相手も笑う≫

四季が美しい国日本では、知らず知らずのうちにその移ろいを感じることができます。

気温、雨の降り方、風の音、雲の形、空の色、虫の音、そして匂い等など・・・。
中でも秋は匂いで感じることが多いような気がします。

例えば、秋刀魚を焼く時の臭い、松茸の臭い、菊の臭いも馴染みが深いですが、金木犀の甘くて品の良い匂いは格別ですね。

ところで、金木犀の匂いはどこまで届くかご存知でしょうか?
金木犀は九里先、つまり30キロ余りまで香るといわれております。
どこからともなく漂ってきて、通りを包むこの甘い香りに、思わず人恋しくなった人も多いのではないでしょうか?

そして「秋晴れ」と言われるように、抜けるような青空が広がり、穏やかな日が多いのもこの時期です。
人の心も、こうありたいものですね。

夫婦間・家族間、あるいは職場で大声を張り上げることは有りませんか?

恋人同士、友人同士、夫婦間、家族間、そして職場でよく有ることですが、最初は些細なきっかけで始まった喧嘩が、やがて大変大きな争い事に発展するケースが多々あります。
クレームの場合もしかりです。

原因は、「大声」を張り上げるからです。
大きな声を発するほど事態は悪くなります。

一方が大きな声を張り上げ、もう一方が小さな声で対応すれば、事は荒立つことは有りませんが、一方が大きな声を出せば、相手もこれに応酬するように大きな声で立ち向かってきます。
これでは、良くなることも悪くなります。

人は、出世したり、権力や財力が伴うと、ともすれば上から目線になりがちで、
目下の者や部下を叱る時に、平気で大きな声を張り上げることがあります。

実りの秋に相応しい、「実るほど首を垂れる稲穂かな」と言う諺が有ります。
本当に賢い人は、いくらお金が有っても、地位が向上しても、あるいは頭に来る事が有っても、常に謙虚で、部下にも穏やかに接します。
だから、部下から信頼されるわけです

人生いろいろ有りますが、出来る限りイライラしたり、頭にくることは避けたいものですね。

「笑う門には福来る」と言われます。
常にニコニコしている人の所には、自然に幸せがやってくる。
嬉しいから笑うのではなく、笑うから嬉しくなるという意味です。
そして、自分が笑えば、相手も笑い全てが円満に運びます。

怒る事も同じ理屈です。
嫌だから怒るのではなく、怒るから嫌になります。
さらに徳川家康は「怒りは敵」と説いています。
自分が怒れば、相手も怒るから得策ではないということです。

加えて西洋では、「怒ると、その相手より自分を傷つけてしまうよ」と言われています。怒ると人間関係が壊れ、血圧も上昇し、最終的には身体も壊れます。いくら食欲の秋でも、怒りの気持ちでご馳走を食べても美味しくありません。

たとえ頭に来ても、またイライラしても、感情的になって大きな声を出さないことです。そのためには頭に来た時、イライラしている時には一呼吸置いて下さい。

出来れば深呼吸をして、新鮮な空気を吸収するのもお勧めです。
そして、思いやりの心や感謝の心で穏やかに接することです。

昔から喧嘩のいいわけとして、「売り言葉に買い言葉」といわれます。
相手に罵声を浴びされたら、こちらもそれで巻き返しを図ることです。

これでは、相手と同じおろかな行為をすることになり、互いによくありません。
グッとこらえて深呼吸をどうぞ。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

7

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1658《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食3」》

洋食はソースの種類が多く、しかもそれが誠に美味しいのが特徴ですが、前に頂いたフォークやナイフで次の料理を食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1657《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食②」》

洋食を食べるときに使用するナイフ・フォーク・スプンは、総称して「カトラリー」と呼ばれます。英語では「cut...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1656《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「洋食①」》

料亭や旅館などの和室で和食をいただく場合は、男性優位になるケースが多々ありますが、ホテルやレストランで洋食...

[ 洋食のテーブルマナー ]

マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ