コラム

 公開日: 2013-10-01 

マナーうんちく話601≪神在月と縁結びの神様≫

今日から10月、「衣替え」と「神無月」のスタートです。
神無月(かんなづき・かみなしづき)は旧暦10月の異称ですが、今では新暦10月の異称としてもすっかりおなじみです。

全国津々浦々の神様が、島根県の出雲大社で開催される大切な会議に出席されるために、出張される月で、神様がいなくなるので神無月と言われております。

しかし、島根県には全国各地から神様が結集されるわけですから、島根県だけは「神無月」ではなく「神在月(かみありづき)」になります。

それでは、全国各地の神様が出雲大社に集合して開催される「大切な会議」とはなんでしょうか?

全国の農作物の出来・不出来に関する内容もありますが、大半は結婚に関する内容です。さらに、恋仲の縁のみならず、全ての幸せに通じる縁を結ばれるための会議もなさいます。
だから出雲大社は「縁結びの神」と呼ばれるわけです。

ちなみに、出雲大社は「因幡の白ウサギ」で有名な、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が祀られております。
大黒様の事です。

また、2013年は60年に一度の大遷宮が行われる年ですので、今年、出雲大社にお参りすると、より大きなパワーを授かるかもしれませんよ。
結婚のご縁を始め、全ての良縁祈願にご利益が期待できそうですね。

2013年は、伊勢神宮の「式年遷宮」と、出雲大社の「平成の大遷宮」が重なる年ですから、これを機会により神様とご縁を持たれる事をお勧めします。

遷宮とは、神社のご神体を補修・修復などの理由により、従前とは異なる本殿に移すことで、定期的に行われる遷宮を式年遷宮と言います。

ところで、神社に参拝して、ご利益に授かろうとすれば、やはりそれなりの礼は尽くしたいものですね。そこで簡単に参拝のマナーに触れておきますので参考にして下さい。

神社に行って先ず、目に入るのが「鳥居」です。
この鳥居の諸説ありますが、平たく言えば神様と人間の境目です。
従って、鳥居をくぐる時は先ず一礼して下さい。

そして、参道を進みますが、参道は神様が行き来るされますので、真ん中を歩かないで端を歩いて下さい。

次に、境内に入ると手水舎(てみずや)が有りますので、ここで心と身を清めます。
右手に柄杓を持ち左手を清め、次に左手に持ち替え右手を清め、また右手に持ち替え左手に注いだ水で口をすすぎ、最後に両手で柄杓を立て、上から水を流して柄杓を清めます。
この際、最初に注いだ水で全ての動作を行います。

拝殿に着たら、最初に賽銭を入れ、神様をお呼びするために鈴を鳴らします。
参拝は「二礼二拍手一礼」が一般的ですが、出雲大社は「二礼四拍手一礼」となります。

「礼」を「排」と表現することもありますが、いずれも神道や朝廷において、頭を下げて敬礼する意味です。

つまり、鈴を鳴らしたら、背筋を伸ばし深々と90度位の礼を2回、その後出雲大社では4回手を叩き、手を合わせて自分の思いをしっかり神様に伝えて、再び90度位の深々とした礼を行います。

ちなみに、お辞儀には立って行う「立礼」と、座って行う「座礼」が有り、下げる相手や目的により頭を下げる角度が異なりますが、神様・仏様に頭を下げる時、つまり神事や仏事の時に一番深々と頭を下げます。

全国各地には約79000社の神社が有ります。
つまりコンビニや郵便局や小学校より多いということです。

そして、遷宮もお参りの作法も、千年以上も脈々と風雪に耐え受け継がれているということは、神様は今でも日本人の大切な心の拠り所だということです。
秋祭り、結婚のシーズンを機に、神様とのご縁を深めてみるのもお勧めです。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ