コラム

 公開日: 2013-09-29 

マナーうんちく話600≪人間関係はギブ&ギブ≫

「一宿一飯の恩義」と言う言葉をご存知でしょうか?

「一宿」は一晩泊めて頂くことで、「一飯」は一回食事をご馳走になることです。
つまり、旅の途中で一晩泊めて頂いたり、食事をご馳走になって、他人の世話を受けることですが、チョッとした恩を他人から受けたら、決してその恩を忘れてはいけませんよ!と言う戒めです。

西洋には巡礼の旅人を地域の人が無償でもてなす、いわゆる「ホスピタリティー」と言う精神が有りますが、古今東西「もてなし」の文化は有るものですね。

ただ日本では、「恩を受ければ、その恩を返す」という独特の文化が根付いています。例えば、葬式で香典を出したら「香典返し」があり、結婚祝いには「内祝」と呼ばれる返礼が有ります。

葬式や結婚式は何かと経費がかかるから、主催者にお金を差し出すわけですが、頂く方は、もらいぱなしになったら、頂いた人に頭が上がりません。

さりとて、頂いた金額をそのまま返したら、折角の思いやりの心を無にすることになるので、頂いた金額の半分位を返すわけです。

TBS系ドラマで、平成の最高の視聴率を誇った「半沢直樹」の「2倍返し」と言う言葉がブームになっていますが、香典や打ち祝いの大体の相場は二分の一位が多いようです。

だから日本では、香典や結婚祝いで現金を贈れば、出した方も「お返し」を期待する雰囲気が有るのも事実です。二分の一くらいのお返しを期待していたのに、三分の一くらいのお返ししかなかったと言って不機嫌になる人もいます。

過度なお返しを期待する人は、最初のギブを控えめにされる事をお勧めします。
「ギブ&テイク」の関係が良いという人も多いようですが、現実には難しいと思います。

的確に的を射た例えではないかもしれませんが、「称賛」と「お世辞」があります。どう違うかと言えば、称賛は相手の良いところを心から褒めることです。

一方、お世辞は、褒める代わりに褒めたことへの見返りを求めます。
いずれも人間関係には大切ですが、お世辞ばかりでは信頼を失いかねません。

と言うことは、与えても返礼を要求しない「ギブ&ギブ」の精神が理想ではないでしょうか?

「人の喜びは自分の喜びだ」と思える人は本当にハッピーな人です。
また、恋愛や親子間の愛は、見返りを求めないから崇高なものなのです。

「ギブ&ギブ」では、一見損をするようですが、実は意外に、後になって得る物が多いわけです。
特に良好な人間関係を築く際にはとても有効です。

ところで、お陰さまで《マナーうんちく話》が今回600回を迎えました。
深謝の至りですが、私がコラムを書き始めた動機は、33年間の接客の仕事で得た知識や経験が、社会に貢献できないか?と考え、うんちく話を始めました。

そして、読んでいただけ人に、いかに価値あるモノにするか?と言うことを考慮し、マイベストプロ事務局の担当者の知恵も頂きながら、現在に至りました。
そして、この積み重ねが、思いをよらぬ好結果をもたらし、「ギブ&ギブ」精神の素晴らしさを、身をもって知ることができました。

「ギブ&ギブ」は、先に何かをしてもらう事ではなく、何が出来るかが先決です。
つまり、ギブを先行して、相手が喜んでくれれば、別に期待しなくてもその喜びが自分に帰ります。

だから、良好な人間関係を築いている人は「ギブ&ギブ」精神が旺盛です。
ギブの内訳は多種多様です。喜びの言葉で有ったり、笑顔で有ったり、明るい挨拶で有ったり、物で有ったり、情報で有ったりしますが、これは「思いやりの心」の根源をなすものです。

友好関係とは、そうした交流から生まれます。

と言うことで、《マナーうんちく話》、これからも何卒よろしくお願いいたします。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1529《365日を心豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の七草」》

めっきり涼しくなった空を見上げるとウロコ雲が小さな群れをなしています。夏の入道雲のような逞しさは感じられ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ