コラム

 公開日: 2013-09-23 

マナーうんちく話597≪お彼岸と幸せ感≫

9月23日は、暑さが一段落する、二十四節季の一つ「秋分の日」です。
つまり、秋の「彼岸の中日」です。

ちなみに、彼岸は「春の彼岸」と「秋の彼岸」が有り、それぞれの彼岸の中日が「春分の日」と「秋分の日」ですが、両者には、共通点と、大きく異なる点が有ります。ご存知でしょうか?

厳密には多少の誤差が有るようですが、共通点は「昼と夜の長さが同じ」、そして「太陽が真東から出て真西に沈む」ということです。

一方、大きく異なる点は、春分の日を過ぎれば次第に昼が長くなり、夜が短くなりますが、秋分の日を過ぎれば昼が短くなり、夜が長くなります。

また、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、いずれも季節の分岐点です。
しかし、春分の日と秋分の日では、平均気温は大きく異なります。

日本は南北に細長い国ですから、地域により異なりますが、秋分の日の平均気温は22度位で、春分の日は10度位です。

従って、その差は12度位あると言われておりますが、今年のように異常な暑さに耐えた身体は、22度位の気温でも随分涼しく感じます。

逆に、何カ月に渡り厳しい寒さを体感した身体は、12度位に気温が上昇してくると、かなり暖かく感じるようになります。
さらに、「暑がりの人」もいれば「寒がりの人」もいたりします。

このように、暑さ・寒さの感じ方も、気温のみで感じるような単純なものではなく、様々な要因が絡み合っているようですね。

幸福の捉え方もしかりです。
20世紀のフランスを代表する小説家のジードは、「目の見える人間は、見えるという幸福を知らずにいる」と述べています。

自分が享受している幸福に慣れている人は、そのありがたさをしらないと言うことです。

食料自給率が40%位しかない日本は、お金にモノを言わせ、今や世界一の「飽食の国」&「美食の国」になっているので、毎日ご馳走を腹いっぱい食べているにもかかわらず、幸せを実感できない人が多すぎる気がしてなりません。

そして、日本は世界屈指の長寿国です。
だから、世界中で一番長い人生を送っているわけですが、その長い人生を幸せにするか、不幸せにするかはその人次第です。

自分の人生は自分で決めることができるので、「幸せ」にするか「不幸せ」にするかは、当然自分自身に選択権が有ります。

人はともすれば周囲の人と比較しがちです。
学歴、出世、給料、結婚、美人かどうか、さらにどちらがより幸せか等など・・・。

少なくとも今の日本は、衣・食・住のみならず、四季の美しさ、平和度、教育水準、平均寿命等、総合的には世界屈指の恵まれた国です。

だから、先ずはこのような国と時代に生まれたことに感謝するべきだと思います。そして改めて幸せ感を抱いて頂きたいものです。

それでも、周囲の人と比較する事を止めることはできないと思いますが、大切な事は、他人と比較して「自分が負けている。劣っている」と感じた時にどうするかです。

相手を妬んだり、悲観してやる気をなくしてしまうか、相手を称えて、自分も頑張るぞ!と前向きになるかでは雲泥の差が有ります。

幸せには数に限りがありません。また順番が有るものでもありません。さらに一人勝ちする者でもありません。

人生を感謝の心で前向きに捉える事、そして、自分の事ばかりに執着するより、他者の事も考慮する姿勢も大切だと考えます。

御彼岸の今日一日は、感謝の気持ちで過ごされるのもお勧めです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1546《365日を豊かに彩る季節の美しい言葉「秋の土用」と「霜降」》

いつものことながら毎回歓迎できないものがあります。ましてこの時期の大型台風はご免こうむりたいものですね。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1545《人柄のいい人は豊かな人生に恵まれる。自分磨きのお勧め》

世の中には様々な人がいます。有名人といえば芸能人やスポーツ選手を思い浮かべる人が多いと思います。金持ち...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1544《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め②》

物が豊かで便利な国になっても。「孤食」が相変わらず増えているのは感心しません。特に家庭では、できる限りそろ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ