コラム

 公開日: 2013-09-20 

1日1分!女子力向上マナー9≪先輩・上司との付き合い方②≫

先輩や上司と気が合い、仕事が楽しければ言うことなしですが、意外に先輩や上司が、「気に入らない」「好きになれない」「苦手」と感じている人は多いようです。

先輩や上司にも苦労は付き物です。
それに、立場も異なるし、仕事に対する責任の度合いも違います。
全てを自分の視点で見るより、一度、苦手な先輩や上司の立場で考えてみるのもお勧めです。
これは、とても大切な事で、小手先の対策よりはるかに女子力が向上します。

加えて、頭ごなしに好きになれない!とか、苦手!と決めつけてしまうのではなく、自分から歩み寄り、先輩や上司との距離を短くする努力は、給料を頂いている以上は必要だと思います。

「案ずるより産むがやすし」で、意外に話しかけてみると、気さくで、物分かりが、いい人かもしれませんよ。
それに、先輩や上司だからと言って、コミュニケーション能力に長けている人ばかりではありません。

勿論、先輩や上司の方から、前向きに歩み寄りの姿勢を示すことは大切ですが、日本の男性は、これが苦手な人も多いという事実を理解して下さい。

従って、くれぐれもこのような人に対する苦手意識を、態度や口にしないでくださいね。溝が益々深まります。

ところで、先輩や上司に叱られたら、どう対応しますか?
職場では、より良い仕事をするために、常に叱られたり、叱ったりすることは珍しくありません。従って、この対応の仕方を身に付けて頂ければ、女子力はグーンとアップしますから是非参考にして下さい。

呼ばれたら、「ハイ!」の返事と共に上司の席に行きます。
叱られる時には、真摯な態度で相手の言い分を素直に聞いて下さい。
次に、反省の態度を示し、「申し訳ございません」と謝罪します。この際、責任を他の人に転換しないでくださいね。
言い訳するのも感心しません。
くれぐれも、感情的になって反論しないでくださいね。短気は損気です。
また、「なぜ叱られているのか?」、叱る側の視点で考えることも大切ですよ。

家庭でも、学校でも、職場でも、人は叱られて成長します。
だから、頭に来る前に、「叱って頂きありがとう!」の気持ちになることも大切だと考えます。

加えて、叱られている時にはプライドは不要です。
さらに、叱られた後は、自分なりに具体的な改善策を考え、二度と同じミスをしないよう努力して下さい。

そして、叱られた翌日は、出来れば少し早めに出勤し、「昨日は申し訳ございませんでした」と丁寧に謝り、後は明るく振舞うことです。
「叱られることに耐えること」と「叱られ上手」になれればいいですね。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ