コラム

 公開日: 2013-09-19 

マナーうんちく話595≪人を見る目≫

日本人は花を愛でたり、虫の音を聞いたりする、すばらしい文化を有していますが、同時に、「日の出」や「月の出」を見る文化も健在ですね。

正月の「日の出」を見る風習に比べたらやや少なくなりましたが、今夜は「満月」、美しいお月様を、じっくり観察して頂きたいものです。
今日は、好天に恵まれましたので期待できそうですね。

ちなみに、旧暦の秋は、7月の「初秋」、8月の「仲秋」、9月の「晩秋」で、お月様が一番美しくなるのが、8月15日のお月様です。そして、旧暦の8月15日は、現在の9月中旬から10月の始めですが、今年は9月19(木)日です。

なお、「お月見」に関しては、「マナーうんちく話132《仲秋の名月とお月見ロマン》」、「マナーうんちく話133《日本人と月の素敵な関係》」、マナーうんちく話346《お月見ロマンと現実》」を是非ご覧ください。

ところで、美しいお月様を眺めるのはとても楽しいですが、人を見るのに、迷ったり、苦労したり、悩んだことは有りませんか?

「あの人は大丈夫」と思って信用したら詐欺の被害に遭ったり、「この人となら幸せな人生が送れそう」と思って結婚したら、とても不幸になった等と言う例は、どこにでもありますね。

よく「男運が悪い」とか、「女運に恵まれていない」と言いますが、結局は人を見る目が無かったと言うことではないでしょうか?
運だけで済まさず、人を見る目を養うことも大切だと考えます。

人は所詮、一人では生きていけません。
従って、人間関係は一生付きまといますが、出来れば、公私とも素敵な人と、人生を仲良く歩みたいものですね。

「この人はどんな人か」、「共に働く仲間として適している人か否か」、あるいは、「人生の伴侶としてふさわしい人か否か」、そんな大切な判断を下すには、人を見極める目を養うことですが、それにはポイントが有ります。

1、自分とその相手が、果たしてどんな関係が築けるのか?
2、自分にとって、相手が本当に合った人か否か?

つまり、「自分にとって、相手はどのような存在の人か」です。
色々な面で自分とよく合って、理想の関係が築けそうか?という事を、自分自身の目で見極めることです。

その相手が、自分にとって本当に理想的な人であると見極めることができれば、ハッピーな関係が築けます。

また、自分にとってミスマッチの人であると見抜けたら、おこる可能性が有る危険を前もって察知でき、適切な対応がとれ、傷つくこともないでしょう。

日本は世界屈指の物が豊かで便利な国です。
従って、バッグや服やスマートフォーン等を見る目が有る人は多いようです。また、世界一の「飽食の国」であり「美食の国」ですから、口が肥えている人も珍しく有りません。

しかし、意外に、人を見る目が無い人が多い気がします。
だから、これだけ豊かで便利で平和な国でありながら、人間関係が良くないので、幸福度は低いのではないでしょうか?

そして、人を見る際にマナーはとても大切ですが、通常では、殆どの人はマナーの差は出ません。しかし、急いでいる時や窮地に陥った時には、マナーの差は大変大きく出ます。

婚活パーティーや就職の面接試験では殆どの人は、それなりのマナーを発揮します。人を見るには、いい所だけを断片的に見るのではなく、時間をかけ、窮地に陥った時や、急いでいる時、イライラしている時に、どのような対応が出来るかをしっかり見抜いて下さい。

「花はさかりに、月は隈(クマ)なきをのみ見るものかは。」

兼好法師の言葉ですが、桜は満開の時だけ、月は満月だけを見るのではなく、それらの魅力はあらゆる状態の中に見られる。しかし、それは見る人の感受性が必要だと説いています。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1434《部下や後輩を呼ぶ時は「くん」か「さん」か、あなたはどちら?》

春を告げる花は日本には沢山ありますが、この時期は「辛夷(こぶし)」や「木蓮」でしょうか。桜のように大きな話...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1433《女性の社会進出とレディーファースト文化②》

日本では男性優位の生活が長かったので、女性は控えめが美徳とされていましたが時と場合によります。明治に入...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1432《女性の社会進出とレディーファーストの文化①》

桜前線や花見情報などこれからしばらくは桜の話題で盛り上がる時期ですね。科学が発達したおかげで最近では桜...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1431《日本の幸福度と教育と感謝の心》

全国のトップを切って3月21日に早々と東京で桜の開花宣言がなされましたが、これから順次「桜前線」が日本列島を南...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1430《中高年に課せられた高度なマナーとは?》

日本では「春は嵐と共にやってくる」といわれますが、西洋では「春はライオンと共にやってくる」と言われます。...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ