コラム

 公開日: 2013-09-17 

マナーうんちく話594≪天災見舞いのマナー≫

とんだシルバーウイークになりました。
この度の台風18号で被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。

寺田寅彦の「天災は忘れられたころにやってくる」と言う言葉は、関東大震災後に作られたそうですが、今では全く状況が異なりました。

地球温暖化のせいでしょうか、水害・風害等がかなり頻繁になり、しかも甚大化している気がします。せめてもの救いは情報が早い事でしょうか?

今回の台風18号も例外ではありません。
家族、親族、友人、知人、さらに取引先のお客様が、被害に遭われた方も多いと思います。

そこで、今回は、台風災害に見舞われた方に対する「お見舞いのマナー」に触れてみたいと思います。

災害見舞いの基本は、近くに住んでいる人であれば、すぐに駆け付け、出来る事を手伝うことが一番のお見舞いになります。
被害を受けた人は、危険な目に合われたり、物質的な損害を被ったりして、精神的にも大きなショックを受けられています。思いやりの言葉と共に、飲料水やおにぎりなどの食べ物の差し入れ、あるいは後片付けの手伝いも喜ばれるでしょう。

しかし、遠くに住んでいる場合はそうはいきません。
先ずは電話やメールで安否や被害状況を確認し、直ちに必要になる、食料や日用品、現金等を贈ります。

ちなみに、災害お見舞いの場合は、たとえ相手が目上の人や上司であっても、現金を贈ることは失礼になりません。

ポイントは、不必要に出しゃばる事無く、お相手は何が欲しいか?何を必要としているか?を素早く把握することです。
お相手を励まし、勇気づけると共に、援助を申し出ることがなによりです。

また、災害見舞いに現金を贈る場合は、水引も熨斗も無い、白い封筒の上に「災害御見舞」「御見舞」、下に名前を書いたら良いでしょう。そして、それを現金書留で送ります。

手紙の場合は次のような要領で出されたらいいと思います。
○前書きは省略し、災害を知った驚きと、相手を心配している旨の言葉。

例えば、「先般の台風18号がもたらした大雨により、貴社のオフィスが浸水し被害を被ったとお聞きし、非常に驚ろくとともに、心からのお見舞いを申し上げます。」

○次に、お相手を思いやり、協力できることが有れば申し出るか、気持ちだけの御見舞を同封させていただいた旨の言葉。

例えば、「これから復旧に向けご苦労も多いと思いますが、ご尽力の上、苦境を克服なさってください。本来ならば、ただちにお見舞いに駆け付け、お手伝いを致すところですが、諸般の事情によりそうもいきませんので心ばかりのお見舞いをお送りさせていただきました。少しでもお役に立てて頂ければ嬉しく思います。取り急ぎ手紙にて失礼いたします。」

古くから語り伝えられている諺に「困った時の友こそ真の友」、あるいは「まさかの時の友こそ真の友」があります。

窮地に陥った時に、雨風を押しのけて駆けつけ、暖かい手を差し伸べてくれる友こそ、真の友だという意味です。

マナーは、平常の時には、ほとんど差は出ません。
しかし、慌てている時、急いでいる時、困った時にはマナーの差は歴然です。

日本人はコミュニケーションが苦手な人が多い気がします。特に、遠く離れている人とは、ほとんどコミュニケーションがありません。そればかりか、「便りが無いのがよい知らせ」という諺が有る位です。

この度の台風18号で、気になる人が遠くにいる場合は、出来る限り早めに、伺いを立ててあげて下さい。
意外に喜ばれ、絆が深まります。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1598《「お里が知れる」!?靴の脱ぎ方・揃え方のマナー》

最近ではあまり使われなくなりましたが、日本には「お里が知れる」という諺があります。どんなに繕いでも、「...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

マナーうんちく話1597《世界共通の美しいテーブルマナーとは?》

食べることと飲むことは動物が生きていく上で必要不可欠な行為ですが、人間は他の動物と異なり、食べることに様々...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ