コラム

 公開日: 2013-09-16 

マナーうんちく話593≪敬老の意味と長寿の祝い≫

9月16日(月)、今日は「敬老の日」です。
日本は世界的にも祝日が多い国で、その都度、各地で多彩なイベントが繰り広げられたり、それにちなんだ商戦が派手に展開されていますが、本来の意味や由来を正しく理解して、自分なりの行動をとることも大切だと考えます。

敬老の日は、国民の祝日に関する法律によれば、「多年に渡り社会につくしてきた高齢者を敬愛し、長寿を祝う」意味が有ります。
高齢者を敬い、長寿を喜ぶ日ですが、高齢者の福祉にも関心を深める日です。

人が年を重ねる、即ち次第に老いていくことに敬意を表することは、言い方を変えれば、生きて行くことへの敬意ですから大変素晴らしいことですね。

また、日本では昔から高齢者を敬う文化が有り、敬老の日の由来や歴史も非常に古く、聖徳太子にまで遡ると言われており、593年9月15日に、身寄りのない老人や病人のために聖徳太子が建てた「悲田院(ひでんいん)」が起源だそうです。

従って、以前は敬老の日は9月15日だったわけですが、現在は9月の第3月曜日になっています。さらに「敬老の日」という名称に落ち着くまでは、長い期間を要し、最初は「年寄りの日」で、次に「老人の日」になり、現在の「敬老の日」になりました。

名前はともかくとして、「こどもの日」「母の日」「父の日」もあるわけですから、子どもは高齢者を敬い、高齢者は子供を慈しむという相互関係が理想ですね。すなわち、互いに相手を思いやる精神が大切で、これはマナーの根源をなすものです。

ところで、私たちは日常生活で「冠婚葬祭」と言う言葉を、耳にしたり口にしたりしますが、冠婚葬祭の「冠」は、元服の時に冠を被る「加冠の儀」のことで、現在では誕生から長寿の祝い全般を含みます。

今回は、敬老の日にちなみ「長寿の祝い」に触れておきます。
長寿の祝いは「年祝い」「賀寿」と呼ばれ、昔から人生におけるとても大切な祝い事として、現在まで脈々と受け継がれております。

昔は「数え年」で行われていましたが、現在では「満年齢」でも行われています。個人的には「数え年」の方が理にかなっていると思います。
理由は、「マナーうんちく話《満年齢と数え年》」を参考にして下さい。

長寿の祝いは一般的には「還暦」から行われていましたが、今は長寿社会になり、高齢者の概念も65歳になりましたので、70歳から行う場合もあるようです。当事者や周囲の人で決められたらよいでしょう。

「還暦」は十二支、つまり干支(えと)が一巡し、「赤ちゃんに戻る」と言う意味が有ります。「赤いちゃんちゃんこ」や「赤い頭巾」を贈りますが、赤には魔よけの力が有るとされています。

そして、平均寿命の短い時には70歳まで生きるのは非常に稀だったので、杜甫の詩の一説にある、「人生七十、古来稀なり」に由来し、70歳は「古稀(こき)」と表現します。77歳は「喜寿」ですが、これは七を重ねたら「喜ぶ」という漢字になるからです。

80歳は「傘寿(さんじゅ)」で、「傘」の略字が八〇に見えることと、末広の意味からこの名が生まれた。昔は、40歳になると初老の域なり、80はその二倍ですから思い意味が有りました。ちなみに、今の日本人男性の平均寿命は80歳です。

88歳は「米寿」ですが、これは「米」の漢字を分解すると八と十と八になるからです。日本人女性の平均寿命は現在86歳ですから、もうひと頑張りです。

90歳は「卒寿(そつジュ)」で、これは「卒」の略字が「卆」で九十と読めるからです。さらに99歳は「白寿」で、これは百から一を引いたら「白」になるからです。そして、いよいよ100歳の「百寿」になり、これ以後は毎年お祝いをします。

人間は、産まれて死ぬまで、色々な節目を迎えます。
そうした様々な節目を、家族・親族・親しい人が一堂に会し、共に喜びを分かち合うのが「通過儀礼」です。

平和で物質的な豊かさを誇る日本では、祝日には、商業主義優先で、祝い品が飛び交いますが、この通過儀礼を通じ、命の尊さや生きるという意味や喜び、さらに、伴侶・家族・親族・地域・友人等との絆の重みを再確認することが大切ではないでしょうか。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ