コラム

 公開日: 2013-09-15 

マナーうんちく話592≪秋ナスと嫁と姑とマナー≫

我が家の畑から、夏野菜のトウモロコシ、キュウリ、トマト、ピーマン、スイカは姿を消しましたが、ナスは健在で、今なお薄紫の可憐な花をつけています。

いよいよグルメの秋ですが、美味しい秋野菜の一つにナスが有ります。
もぎたての秋ナスを焼いて、手頃の大きさに切り分け、カツヲブシをまぶし、卸ショウガを添えて、醤油をたらせば、酒のつまみにもってこいです。
誰でも簡単に作れるし、日本酒、焼酎、ビールにもよく合いますので、是非お試しあれ。

ところで、「秋ナスは嫁に食わすな!」と言われますが、これは封建的な家族制度のもとで生まれた言葉で、色々な意味が有ります。

最もよく知られた意味は、「憎たらしい嫁に、美味しい秋ナスは食わすな」で、
姑の嫁いびりを表現した言葉です。

一方、「ナスは身体を冷やす野菜だから、可愛い嫁が、秋ナスを食べて身体を冷やしたら、子種を授からないから注意しなさい」と言う意味もあります。
姑の嫁に対する思いやりの言葉です。

家制度が幅を利かせていた頃は、結婚の目的は、子どもを作って、家を絶やさないことだったので、女性にとって、結婚は必ずしもハッピーな出来事ではなかったようですね。特に立派な家柄に生まれ育った女性は、政略結婚を余儀なくされたケースも多々あります。

しかし現代は、結婚観や家族観が変わり、核家族化が進展したせいで、嫁対姑の争いは昔ほどではないようですが、依然として深刻な関係も見受けます。

そして、この関係はプライベートなモノですから、セクハラやパワハラのように表面には出てこないので、いじめに遭っている花嫁は大変です。
旦那さんの理解が有ればまだ我慢できますが、中にはお母さんの言いなりの夫もいます。

ではどうすればよいかと言えば、別居の場合は、少し間を置くのもお勧めです。

そしてなにか用事が有る時には、ストレートに言わずに、文明の利器を使用する手もあります。例えば、今までは電話でやり取りしていたが、電話がやりづらいようであれば、メールや葉書や手紙で連絡を取る方法です。

但し、感情の有る声から、事務的な文字になるわけですから、「季節の挨拶」や「日頃世話になっている事」や「相手を思いやる」言葉は、手抜きしないで、丁寧に表現して下さいね。
子どもがいれば、子供を中間に立てるのも良いかもしれません。

同居の場合は、毎日顔を合わせるので大変です。
いくら仲良くしようと頑張っても、うまく行きそうでない場合は、「良くいかなくて当たり前」と割り切ってみるのも手です。そして、「暖簾(のれん)に腕押し」といいますが、何を言われても、向きにならないで柔軟に対応することです。

また、「ありがとうの、ちょっとした一言」、「聴き上手、特に相槌を上手に打つ」ことも大切で、さらに「お世辞も褒め言葉」も出し惜しみしないことです。
加えて「敬語」で話すとか、「先手必勝の挨拶」は前向きになって下さい。

日露戦争で、ロシアのバルチック艦隊を破り英雄になった、東郷平八郎のお母さんは、「賢いお母さん」として非常に有名ですが、そのお母さんは、「嫁(か)して人の妻となるのは難(かた)し。然(しか)れども、嫁の母たるは更に難し。」と述べています。

彼女は、息子平八郎の嫁に対しては、一切口出しをしなかったそうです。
そして、平八郎の妻も、平八郎の母に良く仕えて、本当に幸せな家庭を築いたと言われています。

このように、姑も嫁も夫も、それなりの「人間力」が有れば、笑い声が絶えない平和な家庭になりますが、現実的には難しいですね。

「備えあれば憂いなし」です。
「こんなはずではなかった」と、結婚して悩む前に、結婚が決まった時点で、式や披露宴ばかりに気をとられずに、別居か同居か、同居なら家庭の運営はどうするか等を、皆でよくコミュニケーションを図ることをお勧めします。

そして、結婚を機に、より良いマナーを身に付ければハッピー間違いなしです。
マナーうんちく話《人間関係とアフター・フォロー》

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ