コラム

 公開日: 2013-09-09 

マナーうんちく話590≪長寿と若返りの儀式≫

日本では昔から、奇数と偶数では奇数が格上とされてきました。
このしきたりは今でも、「7・5・3」、「3・3・9度」、「手締め」の儀式など様々なシーンにおいて生きております。

それでは、なぜ、奇数のほうが格上かと言いますと、奇数は割り切れないからです。勿論、小数点の発想が無い時代の話です。

時代劇によく出て来る、サイコロを二つ使用した「丁半博打」が有りますが、あれは、偶数は丁度割り切れるから「チョウ」で、奇数は割り切れなくて半端になるから「ハン」となるわけです。

ところで、今日、9月9日は何の日かご存知でしょうか?
残念ながら、「重陽の節句」と答えられる人は随分少なくなった気がしますが、如何でしょうか?このコラムをご覧頂いたら、周囲の方に伺ってみて下さい。

古代中国には、季節の変わり目に「節」を設けていたわけですが、それが日本の農業事情と結びついて「節句」になり、一年に5つの節句が出来たわけです。
つまり「五節句」のことですが、重陽の節句はその一つです。

1月7日の「人日」、3月3日の「上巳」、5月5日の「端午」、7月7日の「七夕」、そして9月9日が「重陽」の節句です。

奇数には1・3・5・7・9がありますが、中でも9は一番格が高い数字で有り、しかもそれが二つ重なるから「重陽(ちょうよう)」となるわけです。ちなみに、奇数は格上で目出度い数字ですから「陽」になります。
従って、重陽の節句は、五節句の中でも一番格上で、公共性が高く、重要視された節句だったわけです。

そして、1月7日は「七草の節句」、3月3日は「桃の節句」、5月5日は「菖蒲の節句」と言われるように、9月9日の「重陽の節句」は「菊の節句」とも、「栗の節句」とも言われます。

平安貴族は、盃に菊の花を浮かべて長寿を祈願し、詩歌を詠んで雅やかなひと時を過ごしたわけです。

そして、栗のご飯を焚いて、神様に秋の収穫を感謝する日でもあります。

しかし、9月9日に菊酒を飲んだり、栗ご飯を食べる家庭はめっきり少なくなりました。マスコミも話題にしませんし、スーパーやデパートでもイベントをしませんね。儲けに繋がらないからでしょうか。

旧暦の頃の重陽の節句は、栗が収穫でき、菊の花が咲く頃で、とても身近ですが、新暦の今は菊の花が手に入りません。
さらに、栗の実も大きくはなっていますが、収穫できるには至りません。
だから、少し時期をずらしてでも、この重陽の節句の儀式を復活させたらと思うわけです。
なぜなら、この重陽の節句には、他にも大変魅力的な風習が有るからです。

「着せ綿」の儀式です。
先日「白露」のお話をしましたが、9月8日に菊の花を綿で覆い、9日に露で濡れた菊の花の香りが一杯付いた綿で、顔や身体を拭いたら若返ると言い伝えが有ります。

つまり、重陽の節句とは「長寿」と「若返り」の儀式に他なりません。
世界屈指の長寿国日本に、ぜひ残したい大切な風習だと思いませんか?

子どもに英語を教えることは否定しませんが、日本にはこんなに素晴らしい儀式が存在していると言う事を、先ずは大人が認識し、次世代に正しく伝えることが大切だと思うわけです。

そして1月7日は「七草の節句」ですが、これからは秋の七草の旬になります。春の七草は食用ですが、秋の七草は観賞用です。

ハギ、ナデシコ、オミナエシ、クズ、ススキ、キキョウ、フジバカマを山上億良が万葉集で読んでおりますが、これらの花が、秋の深まりと共に順次咲いて楽しませてくれます。

秋の花が咲き誇る野原の事を「花野(はなの)」といいますが、昔の人は、花野を散策しながら俳句や短歌を詠んでいたそうですよ。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ