コラム

 公開日: 2010-09-25  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話9≪会社経営とマナー≫


平松幹夫のマナーうんちく話⑨《会社経営とマナー》


「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、お彼岸は季節の節目ですが、秋分の日の雨は、まさに夏と秋の分かれ目のようでした。
そして、気温の変化が大きく、猛暑の疲れがどっと出やすい時節です。くれぐれもご自愛ください。

さて、先日この「マイベスト岡山」がご縁で、ある「経営者の定例会」にてマナーの話をさせていただきました。深謝!

「マナーと言えば、学生・若者・新入社員のモノ」と思われがちですが、本来は特定階級や指導的立場にある人のためのモノです。
西洋でも日本でも、マナーは社会体制が確立されるにつれて、権力者の地位の確保と秩序だった生活を築く必要性の中で形成されていきました。

西洋では、先ず国王、そして諸侯、騎士へと普及しています。特に西洋貴族たちは晩さん会を度々開き、互いに招待したり、招待されながら、マナーに磨きをかけたそうです。さらに「テーブルマナー」も王家から生まれています。
また、上級の学校になればなるほどマナー教育を重要視します。

わが国においても、成文化された日本初の礼儀・作法は「17条の憲法」「冠位12階位」だといわれておりますが、これらは貴族に対し発令されています。「有職故実」・「武家故実」しかりです。さらに「小笠原流礼法」は将軍家の公式礼法でした。また、明治維新以後、国際交流の必要性から、西洋の挨拶「握手」は避けて通れないマナーでしたが、公式に日本人として初めて握手をしたのは明治天皇です。相手は南北戦争に勝利したグラント将軍で、明治12年の出来事です。

現在、書店には多種多様なマナー本が存在し、それにインターネット等くわえると情報は氾濫しすぎるほどですが、そのほとんどが若者や学生相手のモノが多いような気がします。加えて「心」より「形」重視のモノが多いようにも見受けられます。
それぞれのマナーには必ず合理的な理由が存在するので、それをキチンと理解していただきたいものです。

それでは、管理職や経営者が率先してマナーを身につけることによって「期待できる効果」と、「売上に直結する戦略的なマナー」について触れてみます。

●期待される効果
1、マナー精神を強化したマネージメントで会社は元気で明るくなります。
2、さらに社員のモチベーションがアップします。
3、外部への対応が洗練されたモノになり評価が高まります。
4、若者の早期退職が少なくなります。
5、なによりも売上げアップにつながります。

●売上増のための戦略的なマナー
1、先ず好かれて「客」になってもらうこと。
2、次に「客」から「リピーター」になっていただくこと。
3、さらに「リピーター」から「新たな客を紹介」してもらうこと。
そのためには「好感度をアップする」ことです。
以前このコラム欄で紹介しました「好感度アップのマナー」を参考にして下さい。
そして、お客様に対して「感謝の気持ち」をどのように形に表すかです。このことはマナーの基本ですが、実際にできてないところが圧倒的のようですね。
社内間の「報・連・相」も大事ですが、客への「報・連・相」もより大事です。利益は客が支払って下さるお金以外には発生しません。

いずれもほとんど経費らしい経費はかかりません。
要は、組織や会社を運営するに当たり、トップや指導的立場にある人が、どのようにマナーを認識し、そして実行するか否かです。
また組織運営に役立つばかりではなく、夫婦円満、心豊かな生活、社会貢献などなど、全ての面において功を奏します。

今まであまりマナーに関心がなかった皆さん、主体的変容をなされては如何でしょうか?

私は各種マナーのほかにも、「中高年齢者の生きがいづくり」の講演依頼をよく受けますが、その時も「好感の持たれる生き方」を必ず提言させていただいております。最近特に、団塊世代以降の人たちは、自分さえよければという方より、何らかの形で社会貢献を希望される方が多くなってきているように感じます。そのためにも良いマナーを身につけていただくことが何より大切なのです。
人生が好転します。
是非お試しあれ!!

追伸
社長の皆様にお話をさせていただいた2日後、「平松さんの話を聴いたとおりに接客したら、大変満足いく結果になったよ。
ありがとう!」というお礼の電話をいただきました。
こちらこそ大変ありがとうございました。








この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1468《大切にしたい「言葉のお洒落」と「敬語」①》

日本は国土の7割以上を山で覆われていますが、「山笑う頃」から「山滴る頃」は緑のグラデーションが一番美しい時...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1467《マナーに存在する原則と例外》

日本には世界屈指の年中行事が有ると言われていますが、地域により様々です。慶事や弔事のしきたりもそうでしょ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1466《農の心を大切に!5月21日は二十四節気のひとつ「小満」》

気温が上がり一段と緑が濃くなってきました。5月21日は二十四節気のひとつ「小満」です。二十四節気の中...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1465《大切にしたい「その場の空気を読んだ」立ち居振る舞い》

大人として「してはいけない振る舞い」、「すべきではない振る舞い」は多々あります。特に女性は・・・。しか...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1464《賢い休養のお勧め》

四季が明確に分かれて、それがゆっくり移り変わる日本では吹く風にも豊かな感性を働かせました。丁度今頃に吹...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ