コラム

 公開日: 2013-09-05 

マナーうんちく話588≪日本人と虫の文化≫

昨日とは打って変わって、秋らしい爽やかな天気に恵まれました。
ところで、秋の声を聞くと、美味しい食べ物や美しい絵画、そして音楽やスポーツのイメージが湧きますが、秋はグルメや読書や芸術だけではなく、風流を親しむ時期でもあります。

特別な知識やスキル、そしてお金が無くても、誰でも簡単に楽しめる風流は、まだまだ至る所に存在しています。例えば、スズムシやマツムシの声を聞くのもお勧めです。

いずれも、日本人なら誰でも知っている秋を代表する虫ですが、虫の声を聞いて楽しむ文化は、非常に長い歴史が有り、平安貴族に端を発します。

昔の人は自然と共生していたので、風や雲や花等で季節を感じたわけですが、蛍やセミや虫の声等でも、敏感に季節を察すると共に、それを見たり聞いたりして楽しんでいたのですね。

さらに、詩歌にまで登場させ、素晴らしい文化を開花させたわけです。
この感性は日本独特で、欧米人には理解できないことだと思います。

かの有名な松尾芭蕉の、「シズサカサ イワニシミイル セミノコエ」。この俳句はご存知の方も多いと思いますが、では、ここで歌われている蝉は、どんな種類の蝉かご存知でしょうか?

私たちには、この蝉が、ミンミンゼミでもアブラゼミでもツクツクボウシでも一向に構わない気がしますが、実は日本を代表する文学者の間で大論争が起きたというエピソードが有ります。

恐らく多くの外国人には、蝉の鳴き声は一種の雑音でしかなく理解できないことだと思いますが、日本人の感性は本当に素晴らしいと感心します。

そして、秋になると虫達の美しい音色に耳を傾け、それを楽しむ文化を作り上げましたね。これも世界に誇る文化だと思いませんか?

日本の平和憲法や礼儀作法が世界の模範になってほしいところですが、虫の音を聞いて風流を楽しむ文化は、それだけ日本が平和な世の中だったからこそ、根付いたのでしょうね。

ちなみに、「虫聞き」と言う美しい言葉をご存知でしょうか?

平安時代には、野に出かけて虫の鳴き声を楽しむ「虫聞き」、スズムシやマツムシを捕まえて、それを竹で作った籠に入れ鳴き声を楽しむ「虫選び」、虫の音を競い合う「虫合わせ」、捕まえた虫を庭に放ち声を楽しむ「野放ち」等などという文化が存在しましたが、平安時代は400年以上続きました。これは世界史上例がないことです。

そして江戸時代になると、美しい虫の音を楽しむ文化は一般庶民の間にも広がり、江戸中期には「虫売り」と言う商売が出来たとか。

このような意味を込めて、今年の秋は、美しい虫の音を聞きながら、風流を楽しみ、日本人を実感してみるのもお勧めです。

最近、人間関係がおもわしくない、なかなか良いアイディアが浮かんでこない、ファッションが思うように決まらない・・・。
そんな時は、感性が衰えてきたのかもしれません。
松虫や鈴虫の声から再度、感性を磨いてみて下さい。

加えて、ストレスを和らげたり、嫌な事を忘れたい時には、自分が心地良いと思うところに出かけてみるのもお勧めです。

私なら迷わず、一流ホテルのレストランやラウンジで、優雅に食事をしたり茶を楽しみます。ホテルは身近ながら非日常的で、安全で、癒しの空間であり、それに素敵なサービスが伴えば、身も心も和らぎます。

それでもだめなら、身近なお寺やお宮に参られるのもお勧めです。
もっともっと、お宮やお寺と縁を持つのも効果的です。
さらなるご利益を頂こうと願うなら、日頃から参拝することです。そして、参拝のポイントは感謝の心です。

加えて、身近なお寺で法話を聞かれるのもお勧めです。
法話には慈悲の心が有り、人生を心豊かに生きる知恵が凝縮されています。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1543《食欲の秋!心通わせる食卓のお勧め①》

食べることが嫌いな人はほとんどいないでしょう。では「味覚の秋」「食欲の秋」を存分に楽しまれていますか?...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1542《「稲刈り」と「初穂料」》

実りの秋、収穫の秋を迎えています。この時期には全国津々浦々で稲刈りが始まっていますが、同時に秋まつりが行...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1541《「ありがとう」の連発が人生を好転させる》

秋雨前線の影響でしょうか?気温も急降下し本格的な秋の訪れが実感できますが、暦の上では菊の花が咲く時期です...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1540《神無月に出雲に出張された神様はどんな仕事をされるの?》

10月も半ばになると、昼間の時間が短くなったのが実感できるようになりますが、暑くもなく寒くもなく、最も過ごし...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1539《日常生活を心豊かにする「ささやかな幸せ」の感じ方》

秋は月。そして虫の声。昨夜の月はとてもきれいでしたが、一年の中でも一番美しいといわれる秋の月を眺めて...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ