コラム

 公開日: 2013-09-03 

マナーうんちく話587≪「ひょうたん」と「幸せ婚」≫

数日来の雨で、朝夕の涼しさが際立ってきた感が有ります。
そして、夕方になると、瓢箪(ひょうたん)が白い花を華麗に咲かせる頃でもあります。今ではすっかり、見かけなくなりましたが・・・。

昔は、夏の「日よけ」として、多くの家で育てられており、青い葉っぱに瓢箪の実がダラリと下がる光景は、まさに日本の夏の風物詩でしたが、最近は、瓢箪よりゴーヤの方が有名になりましたね。

ゴーヤは日よけ対策と栄養価の高い夏野菜として価値が有りますが、瓢箪はその実を乾燥させれば、水や酒や薬を入れる容器になったり、あるいは縦や横に割れば、お椀や柄杓や皿にも成ります。

さらに祭事用品、農具、あるいは楽器としても利用され、世界各国で重宝されてきました。中でも「千成瓢箪」は、多くの実をつける品種なので、豊臣秀吉が合戦に使用し天下を取ったのは有名ですね。

ところで瓢箪と言えば、「瓢箪から駒が出る」と言う諺を思い起こす人が多いと思います。

瓢箪の事はご理解頂けたと思いますが、では「駒」とは何かご存知でしょうか?
駒は「馬」です。
しかも並大抵の馬ではなく、一日に数万里を走る白い名馬です。

瓢箪に入れられた酒を注ごうとしたところ、中から思いもかけず馬が飛び出して来たという意味で、全く思いもかけないことが、事実として実現したという解釈になります。

「冗談のつもりが本当になる」意味でよく使用されますね。
「嘘から出た誠」と言う言葉に似ています。

最近、少子化抑制対策の一環として、行政主催の「婚活パーティー」が目立ちます。「縁結び係」を設けた役所もありますね。

少子化は晩婚化、非婚化が大きな要因でしょうが、それぞれ深刻な背景が潜んでいる気がしてなりません。

「晩婚化」は女性の社会進出や価値観の多様化で、女性に顕著に表れているようですが、「非婚化」は女性より男性に著しいのが特徴です。
男性の収入に大いに関係が有るようです。
問題はその結果、結婚をあきらめる「諦婚化」に有ると思います。
さらに、出会いの機会が無いのを問題視する傾向もあるようです。

フランスのように婚外子が珍しくない国は別として、日本のように、「子作り=結婚」となれば、未婚の男女に結婚して頂く以外に、子どもを増やす有効な対策は無いのではないでしょうか。

しかし、その結婚が、晩婚化、難婚化、非婚化、そして諦婚化傾向にある事は、日本の未来にとって、とても由々しきことです。

世界に類を見ない「超高齢化現象」も、目先の問題として早急に対策を練る必要が有りますが、それを支える若者の結婚がスムーズに行われてないと言うのはとても心配なことです。

行政としても、いたたまれない気持ちはよく理解できるし、税金を投入してでも、出会いの機会を創出するのも異論は有りません。

しかし、その前に、未婚の男女が自身のライフプランニングに沿った「結婚観」を持ち、「結婚の目的」を明確にして、自分に合う人、即ち理想の人に出会った時に、その「出会いをモノにする力」を先ず身に付けることが大切だと考えます。

日本は、年々長寿化しているので、不必要に結婚を急ぐ必要はないけど、出産可能年齢は伸びていないことは明白な事実です。

瓢箪は末広がりであると共に、実をたくさんつけるので、子孫繁栄や子宝に恵まれると言う言い伝えが有るとても縁起の良い植物です。

さりとて、瓢箪を家の軒下に植えても実際に子宝に恵まれることは有りません。
社会全体で、未婚の男女に結婚の意義や意味を正しく認識していただき、「幸せ婚」を皆で応援する体制作りこそ、本当に大切だと思うわけです。
そのためにも、素敵なマナーを身に付け発揮することをお勧めします。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

31

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ