コラム

 公開日: 2013-08-31 

マナーうんちく話585≪表面的優しさより本質的優しさを・・・。≫

今日は8月の末日。台風が来ていますが、さすが8月も終わりとなると、うだるような暑さとはお別れしたいものですね。

七十二候では、今の時期は、「天地初めて粛(さむ)し」となります。
「粛」は、「さむし」でもいいですが、「しゅくす」とも読み、「衰える」と言う意味です。やっと、燃えるような暑さが衰え始め、過ごしやすくなると言うことでしょうか。

本来ですと暑さに疲れた体に、優しい風が吹いてくる時期ですが、台風による暴風雨はご免こうむりたいものですね。

なんだかんだと言っても、人にとって「優しさ」は、とてもありがたいものです。特に現代の日本のように、平和で、物が豊かで、便利な世の中にあっては、厳しさは敬遠されるけど、優しさは、殆どの人が大歓迎ではないでしょうか?

ホテルで結婚式の仕事に携わっていた頃、結婚が決定している、延べ数千カップルとコミュニケーションの機会を与えて頂きました。

その際、花嫁さんに、「旦那さんのどこに惚れましたか?」と尋ねると、大抵の人は、旦那さんの「優しさ」と答えます。

「優しさ」は、女性にとって、大きな魅力だと言うことは間違いありませんが、
最近では、男性も女性に対して優しさを求める人が目立ちます。

男女共同参画社会が進展したせいで、クール感の漂うキャリア系の女性が増えたから、癒し系の優しい女性が、余計に好まれるのではないかと思います。

しかし、いずれもこの時点では、相手の表面的な優しさであって、本質的な優しさを理解していないケースがあります。

「我儘を聞いてくれる」、「レディーファースト心を発揮してくれる」等の表面的優しさに、ついグラッときて結婚しても、共同生活をする中で、本質的優しさに触れることができなかったら、離婚に至るケースもあります。

「優しさ」は互いにとってとても大切だと思いますが、優しさを勘違いしないでほしいものです。

ではどうするか?
互いに、表面的な優しさ、つまり「見せかけの優しさ」の押し売りはしないように心がけることです。

さらに、表面的な優しさのみにこだわらずに、「本質的な優しさを見抜く力」を養うべきだと思います。

例えば、デートの時間を、仕事を犠牲にして何時でも作ってくれる男性より、二人の将来のためにデートより、仕事を優先する人の方が良いかもしれません。

自分のことばかりに優しくしてくれるより、時には高齢者に優しくする男性が良いかもしれません。

お笑い番組ばかり見て、優しく微笑むより、ニュース番組を見て本気で怒る方が良いかもしれません。強さ、逞しさ、経済力、信頼も大切です。

その人と一緒にいて本心から、安心できる、安らぐ、素直になれる等が有ればいいですね。

加えて、本当にその人が好きなら、表面的な優しさを提供するより、その人の事を真剣に思ってあげることも大切だと考えます。

特に親は、子どもに優しくするだけではいけません。
中国の歴史書に「慈母に敗子(はいし)有り。」と有ります。
敗子とは、道楽息子の事で、母親が優しいだけでは子はまともに育たない。つまり、子どもの躾の大切さを説いた言葉です。

優しさは、人間だれしも願う普遍的なものですが、全てではありません。
また、その見分け方も困難な場合が多いものです。
だから、人間力を身につけることです。

知恵や教養も必要ですが、苦労や下済みの生活も大切ですし、多くの人とふれあい、色々な経験を積んで頂きたいと思います。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1528《365日を心豊かに彩る季節の言葉「秋の彼岸」》

9月の後半に入る頃になると暑さも落ち着きかなり過ごしやすくなり、「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が実感できるよ...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1527《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係②》

人がなくなると骨上げの際に箸を使用します。いろいろなやり方があるようですが、二人組んで行う場合が多いよう...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1526《「箸始め」から「箸渡し」まで、改めて考えたい日本人と箸の関係①》

突然ですが、現在地球上に何人いるかご存知でしょうか?世界の総人口は現在約74億人です。地球上では、一...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1525《「すみません」は何度言えばいいの?》

台風の動向が気になりますが、空が澄んで星や月がきれいに見えますね。昔の人は、月の満ち欠けの形で農作業の目...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1524《美人は本当に薄命なの?》

只今二十四節気の「白露の頃」ですが、露に濡れて香り立つ草木からも、深まりゆく秋の気配が感じられます。秋...

[ マナーの心得 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ