コラム

 公開日: 2013-08-27 

基礎から指南!接客・接遇マナー24≪喜びを与えるサービス精神≫

お客様に不快感を与えて小言を頂戴するか、満足して頂き喜んでいただくかは、雲泥の差が有ります。

お客様に限らず、人に喜びを与えると言うことは、自分自身にとっても、この上ない喜びになります。

33年間ホテルで接客の仕事に携わってきましたが、お客様に喜んでいただける従業員には、ほぼ例外なく共通したものが有ります。

今まで、この「接客・接遇マナーのコラム」にお付き合いいただいた方は、既にお分かりだと思いますが、如何でしょうか?

つまり、「旺盛なサービス精神」を持っていると言うことです。
勿論、営利目的で接客を行っているわけですから、目先の売り上げはとても大切です。

しかし、私もそうでしたが、優れた従業員は、「どうすればお客様に喜んでいただけるか?」と言う事を常に考え、それを優先します。

理由は簡単です。
お客様に喜んでいただいたら、自分自身も、とてもうれしいからです。
そして、お客様に喜んでいただいた結果、売り上げが上昇し、長い目で見れば自分の給料も増えるからです。

ちなみに、私が既に3年間以上に渡り、この「マイベストプロ岡山」のサイトに「マナーうんちく話&接客・接遇マナー」のコラムを投稿しているのも同じ理屈です。

コラムもかれこれ600回を超えましたので、非常な労力を注いだわけですが、反面、多くの皆様の、お役に立つ事が出来、喜んでいただいたのも事実です。

加えて、予想もしてなかった業界や団体、あるいは個人から多くの講演や研修依頼、そして相談が寄せられ、大いに充実しています。知名度も上がりました。

最初は、自分の経験や、つたない知識が、少しでも人様のお役に立てばと言う思いで始めたコラムですが、思わぬ成果を上げたわけですね。

話を元に戻します。
具体的に、お客様に喜んでいただくには、どうすればいいの?という課題が浮上してきます。

様々な方法が有ります。
例えば、多くの人は、儲けをギリギリの線で妥協し、可能な限り値段を下げて、お客様に喜んでいただくと考えます。こうすれば、企業努力が報われる場合が多々ありますが、しかし、お客様が、値段より、商品の機能性やデザインや品質に価値観をおいていたら、値段の面でいくら努力しても、その努力は報われないこともあります。難しいところですね。

こちら側の思いと、お客様の思いが合致すれば喜んでいただけますが、こちらの思いと、お客様の求めているモノに、ずれが有る場合は思うような結果は得られません。

色々な面で、良かれと思ってしても、逆に迷惑になることもあるわけです。
例えば、電車に乗り合わせていた際、良かれと思い、高齢者に席を譲ったところ、相手は、年寄り扱いされ不愉快になることもあります。

つまり、お客様に限らず、人のために「良い事」をしようと思えば、難しい面が多々あります。

では、このような「すれ違い」を無くするには、どうしたら良いのか?
答えは、お客様の事をよく知ることです。

お客様が、何を考え、何を求めているか?を理解しなければなりません。
そのためには、アンケートもお勧めですが、何回も申しましたが、とにかく、お客様の話をよく聴くことです。「聴く」と言うことは、お客様が、言っている事をキチンと理解して、それを尊重することです。

サービス精神とは、経験を積み重ねて、お客様の気持ちに立って行動することではないでしょうか。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1414《生活文化の根源をなすお稲荷さんと米作り》

都会に住む人はアスファルトの道しか見えませんが、土がいくらか湿り気を含み出し、大地が潤い目覚める頃です。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1413《どちらが大切?「見た目」と「中身」》

山や野の情景に春霞がたなびき、風情が漂う頃です。ところで「霞」と「霧」の違いをご存知でしょうか?霞は...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ