コラム

 公開日: 2013-08-25 

マナーうんちく話584≪子は親の背中を見て育つ≫

異常な暑さに異常な雨・・・。
異常が度重なると、異常ではなく当たり前になってしまいます。
暑さも雨も程々が良いですね。

ところで、お盆の頃から、急にトンボを見かけるようになりませんでしたか?
お盆は、ご先祖様、すなわち亡くなった方の霊(精霊)が里帰りする日ですが、実は、この時トンボに姿を替えて里帰りするという言い伝えが、全国各地域で古くからあります。だから、お盆前から飛び始める黄色のトンボの事を、「精霊トンボ」とか「盆トンボ」と呼びます。

幼い時に、「このトンボはご先祖様の使いのトンボだから、絶対に捕まえてはいけないよ!」と、お爺さんやお婆さんに言われた記憶をお持ちの方もいるかもしれませんね。そういわれて見るの、このトンボ、いつも同じ場所で、懐かしげに飛んでいる気がしませんか?

このトンボの正式な名前は、「ウスバキトンボ」と言われ、日本全国どこでも見ることができますので、機会が有ればしっかり観察してみるのもお勧めです。
思い出深い人の魂かもしれませんよ。

さて、8月15日に終戦記念日に触れましたが、人と人とが殺し合うことは、いかなる理由が有ろうとも、断じて避けなければいけません。

そして、やたらに生き物を殺してもいけません。
命あるものは、全て大切にするべきです。
人は勿論、動物・鳥・昆虫、そして花や木など、全ての生き物を大切にすることは、人間が、より良く生きるための基本です。

自分以外の生き物を大切にすると言うことは、言い方を変えれば、自分自身を大切にすると言うことです。

日本は昔から自然と共生し、農耕文化を発達させ、平和な社会を築いてきました。そのお陰で「他殺率」は世界で一番低いのが現状です。しかし、残念ながら、「自殺率」は依然としてワーストクラスをさまよっています。

特に最近は、若者に多くみられるようになりました。
自殺の原因は様々ですが、若い人が自ら命を絶つ行為は、この上ない、勿体ない事であり、悲しい事です。

加えて、学校のいじめも深刻な状況ですが、職場でのいじめも由々しき状態ですね。この事が、自ら命を絶つ原因になるとすれば、学校や職場から、いじめそのものを無くさなければいけません。

いじめをなくするには、「いじめに走る人」を無くすることが大切です。

日本では食前・食後に感謝の言葉を唱えます
食前に発する言葉は「頂きます」ですが、何を頂くのか?と言えば食材の命です。また、何故頂くのか?と言えば自分の命を長らえるためです。

つまり、自分の命を長らえるために、牛さん、豚さん、魚サン、卵さん、あなたの命を頂きます!と言うことで、食材に感謝するわけです。

牛や豚や魚は、決して人間に食べられるために生きているわけではありません。しかし人間が生きて行くために、あえて食べるわけですから、感謝するのが当然です。

その感謝の気持ちをキチンと表現するために、姿勢を正し、言葉に発し、正しく箸を持って、美味しく、残さず、美しく食べるわけです。

「生きる事は食べること」です。
この食べ方が、家庭で正しく実行されていたら、少なくとも、いじめに走る子は生まれません。

夏休みも残り少なくなりました。
親が子供に、この意味をキチンと教え、実行させれば理想的ですが、その前に、親が主体的に変容し、正しい手本を示さなければいけませんね。

「子は親の背中を見て育つ」、あるいは「雛鳥は親鳥の通りにさえずる」の諺は、古今東西、普遍的です。
盆トンボが、懐かしげに同じ場所で飛んでいるのは、ご先祖様が「自分の子孫がより良い暮らしをしているかどうか」を確認するためではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

60

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1452《「人脈づくり」の秘訣はアフターフォローにあり》

前回人づくりに触れましたが、さらに具体的に触れてみます。公私にわたり人づくりは大切で、出会いを活かすた...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1451《万物が躍動する時です。「人脈づくり」に励みませんか?》

先人は花が咲くことを「笑う」と表現しましたが、百花繚乱と言われるように多くの花が咲き乱れ、新芽が萌え出し、...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1450《「753現象」と上司と部下の関係》

突然ですが「七五三現象」をご存知でしょうか?新卒で就職した人のうち、中卒の人は7割、高卒の人5割、大卒の...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのま...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1448《「花水木」と「返礼文化」と「国際儀礼」》

桜がすっかり「葉桜」になりました。日本人の桜好きは特別で、桜の花が咲くプロセスを「一分咲き」「五分咲き」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ