コラム

 公開日: 2013-08-15 

マナーうんちく話582≪終戦記念日と礼儀作法≫

8月15日はお盆であると共に「終戦記念日」です。
お盆と終戦記念日が重なっていることに、何か特別な意味が有るのか?偶然なのか?はよくわかりませんが、いずれにせよ、色々な意味において、日本人にとっては特別な日ですね。

終戦記念日とは、1945年(昭和20年)、日本のポツダム宣言受諾により、第2次世界大戦(太平洋戦争)が終了したことを記念する日です。

そして、1982年(昭和57年)には、8月15日を、「戦没者を追悼し、平和を祈念する日」として閣議決定され、毎年この日は、政府主催の「全国戦没者追悼式」が、日本武道館で開催されるのはご承知の通りです。

1億2750万の日本の人口の内、もはや、そのほとんどの人は、戦争を知らない人ですが、その人達に、痛ましい戦争の経験や平和の意義を伝えることは、大切にしなければ!と思う次第です。

ところで、この戦争による日本の戦死者は何人だと思われますか?
当時の内務省の発表によれば、戦死者は軍人で約212万人、そして民間人は約80万人です。

そのせいで、終戦直後、すなわち昭和21年頃の日本人の平均寿命は世界最低レベルだったそうです。

さらに、世界大戦と呼ばれるだけあって、この戦争に係わった国は、アメリカ、イギリス、ソ連、フランス、イタリア、ドイツ、ポーランド、中国等多数ありますが、世界全体で、軍人は約2300万人、民間人は約3000万人が犠牲になったと言われております。

天災ならいざ知らず、気の遠くなるような多くの人々が、人によって命を落とされたわけですから、今を生きている私たちにとっては、改めて平和の意義をかみしめることが大切ですね。

振りかえってみると、人類の歴史は「戦争の歴史」であったと言っても過言ではありません。現に、日本以外の多くの国では、世界中のあらゆる地域で国家の興亡が繰り返えされています。

さらに、十字軍遠征に代表されるような「宗教戦争」が多くの国で勃発して、数えきれない位の犠牲者が出ており、今なお続いて言うのが現状です。

この点、日本は世界に誇れる事実が多く有ります。
例えば、日本という国家は、2000年以上という、世界で一番長い歴史を有する国家です。

一つの国が、2000年以上続いていると言うことは、小規模な戦いは有ったものの、宗教戦争もなく、国を倒すという発想が無かったからです。

しかも、同じ国内で200年以上も長きに渡り戦いが無く、政権が安定した国は世界中で、日本の平安時代と江戸時代だけで、他に例が有りません。

だから、日本には、素晴らしい文化や礼儀作法が生まれています。
そして、平和な社会背景から生まれた礼儀作法は独特の趣が有ります。

戦争に明け暮れた西洋のマナーは、握手やワインのティスティングにみられるように「危機管理的要素」が多々ありますが、平和な社会から生まれた日本の礼儀作法は、思いやりの心が根底にあり、無駄を省き、美しさを追求しています。お辞儀、箸使い、襖の開け閉(た)てにせよしかりです。
さらに、日本の障子や襖には鍵が有りません。他国では考えられないことです。

加えて、日本人は、自然や人と和する心を有していたのも素晴らしいことです。
自然や人と和する発想の基盤になっているのは、自然や他者に対する思いやりの心にほかなりません。

なにもかも、「思いやりの心」で統一された国だから、平和が保たれたわけです。
この精神は、戦後もかろうじて持続しています。

明治維新以後、日本は他国と戦争を経験しましたが、第二次大戦が終了してからは、68年間戦争を経験していません。これも素晴らしいことです。

世界の主だった国で、68年間戦争に無縁な国は殆ど有りません。この状態は、なんとしても、今後守り通さなければならないと希望します。そして、日本は自然と共生できても、核とは出来ないと考えます。





この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1370《プライベートにもビジネスにも参考になる「三脱の教え」》

原発事故で非難してきた子どもへのいじめが報じられています。もっとも止めて頂きたいいじめで心が痛みます。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1369《幸運を呼ぶ「運盛り」のお勧め》

国土の7割以上を山で覆われている日本では、四季折々の山の様子を人に例えて非常におおらかな表現をしています。...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1368《二十四節気の一つ「大雪」と「イルミネーション」》

最近公民館、女性大学、地域、教育委員会、諸団体等からの「年中行事」に関する講演依頼が増えてきました。10日は...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ