コラム

 公開日: 2013-08-04 

基礎から指南!接客・接遇マナー19≪リピーター獲得大作戦≫

宣伝費もままならぬ不景気。
こんな時代に有って強い味方になってくれる人がリピーターです。

特別な宣伝をしなくても、何回も来店したり、周囲に口コミで宣伝したり、さらに同僚や部下まで連れて来てくれるお客様が「リピーター」です。

ちなみに、よく「口コミ」と言う言葉を耳にしたり口にしたりしますが、「口コミ」とは、会社や病院やマスコミなどが発信する情報ではなく、その病院や会社を利用した患者・見舞い客・消費者が、周囲の友人・知人・同僚・家族等に発信する情報です。


国際競争が激化し、新規客の獲得には多くの経費やエネルギーが必要とされる中で、何回も繰り返し来てくれるリピーターほどありがたい存在は有りません。
33年間のホテルの接客の仕事を通じ、大いに痛感しています。

従って、「リピーターを獲得する作戦」、さらには「リピーターを繋ぎとめておく作戦」も大切です。

それでは、リピーターを獲得するには、何が大切か?と言えば、「不動の理念」と、それに裏打ちされた「サービス体制の確立」だと思います。

目先のことに不必要にとらわれることなく、ある程度、長期的な視野でのサービスが確立できればいいですね。

最近のお客様は、価値観もそれぞれ異なり、口も目も肥えています。
加えて、商品知識もかなり保有しています。
また、必要な情報も瞬時に仕入れることができます。

と言うことは、今、この店の常連客として楽しく利用しながらも、常に、他店との比較もできると言うことです。

これといった長所もなく、それなりのインパクトが無ければ、いとも簡単に鞍替えされる時代になったと言うことです。

「魅力的な個性」を発信し、それに共感して頂くことが必要です。
そして、「スタッフとお客様の良好な人間関係」作りがとても大切です。
互いに、「あの人とは知り合いで仲が良い」という信頼関係が有れば、鬼に金棒です。

一つの行為で二つの利益を同時に得る事、あるいは、あまり労せずして二つの成果が得られる事を「一挙両得」とか「一石二鳥」と言います。

スタッフとお客様が良好な人間関係を築き、信頼関係に有れば、スタッフも大変助かるし、お客様自身も喜びます。

では、具体的にどうすればいいの?ということですが、スタッフはお客様が喜んで下さるサービスを提供することです。

例えば、これまで触れてきた、好感の持たれる「身だしなみ」・「態度」・「表情」、さらに「聞き上手」、「商品知識の習得やスキルアップ」、「お客様の事をよく理解する」、「お客様を名前で呼ぶ」、「お客様の好みや癖・趣味等を覚えておく」、「お客様に役立つ情報提供をする」等です。

そして、これはあまり触れられることは有りませんが、「お客様は素敵なマナーを発揮する」ことです。

いくら、スタッフがリピーター獲得の努力をしても、お客様が「客だから何をしてもかまわない」と言う態度ではよろしく有りません。

「客だから横柄な態度をとる」ではなく、「挨拶をキチンとする」、「笑顔でありがとうの言葉を発する」、「支払いも気持ち良くする」などが大切です。

まさに「サービスとマナーの関係」で、これがキチンと釣り合っていたら理想的です。
何が言いたいかと言えば、リピーター獲得には、消費者の立場になった時には、素敵なマナーを発揮すると言うことです。

そうすることにより、お客様がよりよく見えてきます。
ぜひ実行して下さいね。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1450《「753現象」と上司と部下の関係》

突然ですが「七五三現象」をご存知でしょうか?新卒で就職した人のうち、中卒の人は7割、高卒の人5割、大卒の...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1449《「就活」と「働き方改革」と「幸せ婚」》

「ドッグイヤー」「マウスイヤー」という言葉が産まれて久しくなりましたが、相変わらず社会情勢は大きな波にのま...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1448《「花水木」と「返礼文化」と「国際儀礼」》

桜がすっかり「葉桜」になりました。日本人の桜好きは特別で、桜の花が咲くプロセスを「一分咲き」「五分咲き」...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

マナーうんちく話1447《「穀雨」の頃、雨や風のない人生には輝きがない》

「春は嵐と共にやってくる」とか「春に3日の晴れ無し」とも言われますが、春の天気は人の心と同じように、移り変...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1446《「了解しました」「承知しました」「かしこまりました」の使い分け》

別にこれといった理由があるわけでもないのに、心と身体をウキウキさせてくれる春の風。「前向きに頑張ろうよ...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ