コラム

 公開日: 2013-07-23 

マナーうんちく話574≪浴衣の知識とマナー≫

夏休みがスタートし、いよいよ夏本番ですね。
そして、暦の上では、今が一年で一番暑い時で、7月23日は二十四節季の一つ「大暑」です。

アウトドア、夏祭り、花火大会、土用夜市等の夏の風物詩が目白押しの絶好の季節で、浴衣を着て、お出かけ予定の方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、「浴衣」の知識とマナーに触れておきます。

最近は、個性とか自由とか自分らしさが尊重され、しかも、ファッションも年々派手になり、それに販売側の巧みな戦略が加味され、「何でもあり」の様になって来た感が有ります。

また、浴衣は、着物のように厳格な決め事も無く、如何にも自由な感が有りますが、こうなるとかえって、これでいいの?と言う不安に陥ることもあります。

着物と浴衣では、季節や時間、さらに場所や場合等において、大きな違いが有りますが、一方、立ち居・振る舞い等においては似た面もあります。

ところで、浴衣の歴史は古く、平安時代に貴族社会で登場します。
当時は蒸し風呂が主流だったようで、蒸し風呂に入る際に、火傷をしないように着た湯帷子(ゆかたびら)が、そもそもの起源です。

やがて、裸で湯につかるようになってからは、湯上りに、木綿で作った「くつろぎ着」をきるようになり、これが今の浴衣の始まりです。

江戸時代には銭湯を利用するが一般的で、そこで、湯あがりに浴衣が着られるようになり、普段着としても広まったわけで、「湯帷子」を略して「浴衣」と呼ばれるようになりました。

風呂上がりに、浴衣を着て夕涼みをして、そして、蚊から身を守るために、蚊帳(カヤ)を吊るした寝床で就寝する。

つい40年から50年くらい前までは、日本人の夏の一番ラフな服装として、着物文化の中心的存在で有ったような気がします。

少なくともこの時点までは、浴衣の作法は、夕方から夜にかけて着る、くつろぎのための室内着で、外出着ではなかったようです。

最近は、浴衣がブームになり、公民館などでも浴衣の着付け教室等が有り、浴衣姿の人を頻繁に見かけるようになりました。

また、雑誌を見ても昼間を想定したシーンも多々ありますね。
ファッションは時代と共に感覚が変わるということでしょうね。

いずれにせよ、浴衣のマナーで最も大切な事は「美しく着る事」だと思います。
カジュアルな服装のイメージが強いだけに、着方が不味かったら、だらしないイメージになります。

先ずは最初にキチンと着付けて頂いて下さい。
それから、仲の良い人に、常に「着くずれ」をチックして頂くことも大切です。
要は、小まめに直すことです。

さらに、美しく見せるには、女性も男性も正しい姿勢です。
そして、女性は小幅で、どちらかと言えば内またで、男性は胸を張りどうどうとがポイントです。加えて、男性は女性を優しくエスコートして下さいね。

手を伸ばす時には、延ばしたい手の反対の手で、袖口や袂を軽くつまむと気品が漂います。《マナーうんちく話「和の立ち居振る舞い」》を参考にして下さい。
お化粧は清楚な感じが好感を持たれます。

また、常にエレガントな立ち居振る舞いを意識しておくのもお勧めです。
優雅な中にも涼やかで、清楚な雰囲気が醸し出されるようになればいいです。

最近の浴衣のお洒落は、ある程度社会性を有する「身嗜み」と異なり、大変プライベートなものです。結構大胆に着こなされている人もいますが、反面、保守的な人も多い気がします。

ポイントは、似合うか否かではないでしょうか?



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ