コラム

 公開日: 2013-07-21 

マナーうんちく話573≪日本の夏と風鈴≫

暑い日が続いておりますが、いかかお過ごしでしょうか?
様々な方法で涼をとられていると思いますが、何もかも豊かで便利な時代になりましたので、昔ほど寝苦しくなくなりましたね。

四季が明確に分かれている日本では、冬の寒さと夏の暑さをできる限り快適に過ごすために、先人は色々な工夫をしてきました。

今回は、暑い夏を気分的に涼しくするための「風鈴」に触れてみます。

風鈴は涼を、「音」と「見た目」からとる、粋な「夏の風物詩」です。
日本人は、風を音や色に変えて、その風情を楽しんだわけですね。

いまでも、チリンと鳴る風鈴の音を聞くと、暑さで疲れた心が和らぐ気がしますが、実はその起源は大変古く、日本の風流な小道具とはほど遠く、中国において、竹林につるして、音の成り方で、吉凶を占う道具だったそうです。

日本には仏教と共に伝来し、貴族階級が屋敷の縁側につるしておき、外部から入ってくる、疫病神の侵入を防いだと言われております。

要は、魔よけのための道具が、時代と共に、それが醸し出す心地良い音に、夏の涼を感じる物へと変化したわけですね。

そういえば、太鼓や笛のように、音が出る物の歴史は大変古く、そしてその役目も、動物や疫病を遠ざけるとともに、同時に動物や神様に近かずいて頂くものでも有ったわけですね。

例えばお宮参りする時には、先ずお賽銭を納め、次に鈴を鳴らしますが、この鈴の役目もそうですね。

ちなみに、以前「扇子」を取り上げましたが、これは自分の手で風を送る道具ですが、単に風を起こすためだけでなく、昔は邪気を払うためにもあおいだわけですね。

今でも冠婚葬祭時に扇子を用いますが、その理由は、その辺に有るようですね。

もっとも、結婚式等で使用する扇子は「末広」と呼ばれ、「末長く良縁が続きますように」との意味を込めています。
従ってこの場合は、仰げば仰ぐほど幸を呼ぶわけです。
余談事ですが、女性は金や銀の扇子を持ち、男性は白扇になります。

そして、江戸時代に入ると「ガラス製の風鈴」が登場します。
当時はガラス自体が非常に珍しい時代ですから、値段も数百万円位したとか・・・。

やがて、明治になると、一般庶民にも手に入る値段に落ち着くわけで、様々な素材からできた風鈴は、暑さから来る不快感やイライラ感を癒してくれる、風流な小道具になったわけですね。

しかし、「匂い」もそうですが、「音の感受性」には個人差が有ります。
少なくとも私には、風鈴の音は、小鳥のさえずりや、小川のせせらぎのように、聞いてとても心地良いものですが、育った環境が全く異なる、現代の若者や外人は、必ずしも心地良い音には聞こえないかもしれません。

個人的には、風鈴のような心地よい音が、雑音にしか聞こえないのは、寂しい限りだと思うわけですが、松茸の臭いがたまらないほど好きな人もいれば、嫌な人もいるのと同じ理屈ですね。

マナーには「不易流行的な側面」が有ります。
加えて、その国々の文化や気候風土や宗教により表現方法が異なります。

子どもの頃から、電気で作られた音で育った若者、あるいは自然と調和する習慣の無い外国人には、風鈴の良さを理解するのは難しいかもしれませんね。

また、これだけ猛暑が続く頃にあって、扇風機やクーラーの果たすべき役割は多大な物が有りますし、風鈴の音では熱中症の予防にはなりません。

それでも、風鈴は、日本の夏を豊かに彩る風物詩として、いつまでも日本人の心に美しく鳴り響いて欲しいものです。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

3

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1412《どこにでもいる嫌な上司。どう接する?》

「春一番」の季節になりました。春一番とは、「立春」から「春分」にかけて吹く強い南寄りの風ですが、昔から「...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1411《新人を活かし職場を元気にする、迎える側の技量と環境》

今まで新入社員(職員)を迎えるにあたりその心構えに触れてきましたが、新入社員の能力はさて置き、彼らをどのよ...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1410《あなたはどう思う?薄れゆく畳と日本人の感性》

約1100年前から畳の原料として使われている「イグサ」をご存知でしょうか?最近は生産農家が激減しているので...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1409《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構②》

【なにを、どのように教えるか】新人とは何もかも大きく異なるということを十分認識したうえで、あせらず、何を...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1408《新人を快く受け入れ、職場を活性化する心構え①》

【彼を知り 己を知れば 百戦危うからず】孫子の非常に有名な言葉ですが、先ずは相手の事、つまり新人をよく...

[ ビジネスマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ