コラム

 公開日: 2013-07-19 

マナーうんちく話572≪日本人と土用と鰻≫

種から育てた、モロヘイヤとオクラが収穫できるようになりました。
いずれも夏を代表するネバネバ野菜です。

酒のつまみにはなりそうにありませんが、栄養価も大いに期待でき、身も心も疲れ切った時には、大いに効果を発揮してくれそうです。

ところで、今日から「土用」ですが、本来土用と言えば「四立」、すなわち「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の直前の約18日間を「土用」と言います。

従って、土用と言われる雑節は一年に4回あるわけですが、最近では土用と言えば、一年で最も暑く、身も心もバテ気味になる夏の土用だけを指すようになりました。

今年の立秋は8月7日ですから、7月19日は「夏の土用入り」と言うことになります。

そしてこの時期の旬と言えば、野菜なら、オクラ・モロヘイヤ・ゴーヤなど栄養価の高いものが揃いますが、なんと言っても土用のご馳走は鰻ですね、

世界一「飽食の国」、「美食の国」になった今でも、夏の土用のご馳走は鰻ですが、実はこれには非常に長い歴史が有ります。

万葉集には有名な歌が有ります。
《石麻呂に吾物申す 夏痩せに良しと言う物ぞ 鰻取り食(め)せ》

作者は大伴家持で、「石麻呂さんに申し上げます。夏痩せに鰻がとても良いそうですから、鰻を捕って食べて下さい。」と言う意味です。

約1000年も前から、夏バテ防止には鰻が良く効く事が知られていたのですね。但し、当時は、鰻をどのように調理して食していたのかは解っていません。

醤油が開発されたのは江戸時代ですから、この頃だと、塩とか酢をつけて食べていたのでしょうか?

そして、何度も暑い夏を体感して、暑さを乗り切るために、鰻を始め、甘酒、しじみ、餅、卵など、栄養価の高いもので精力をつけていたのでしょうね。

現在では、鰻と言えば「かば焼」と言われる位「蒲焼」がポピュラーになり、夏のご馳走になりましたが、以前にもお話ししたように、鰻が一番おいしい時期は夏ではなく、晩秋から冬なのです。

冬眠に備えて、この頃に一番栄養を蓄え、豊満になるからです。

しかし、いずれにせよ、鰻の減少は留まるところを知りませんので、需要と供給の関係で、値段もまさに鰻上りですね。

原因は、河川の環境悪化や乱獲が考えられますが、1000年以上も長きに渡り、日本人の食卓や健康を支えてきた魚です。

今度は、少々の犠牲を払ってでも、日本人が鰻に対し思いやりの心を発揮し、鰻を支えて行かなくてはいけないと思うわけです。

ということは、今朝(19日)の山陽新聞の朝刊にも掲載されていましたが、鰻の代替えとして、当分の間、豚やサンマで我慢する必要が有るかもしれませんね。

今まで、好き放題にしてきた分、そのしわ寄せにたいして、ひたすら「我慢」の一言に尽きると思います。

そうなれば、なおさら食べたくなりますね・・・。
一度見についた美味や贅沢は、なかなか下げることができません。
困ったものですね・・・。




この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1393《「お名前頂戴できますか?」。この言いどう思いますか》

「類は友を呼ぶ」といわれます。そして良縁はさらに良縁を産みます。良い人間関係、良い本、良い音楽、心地...

[ ビジネスマナー ]

マナーうんちく話1392《寒い時期、心が温かくなる季節の言葉「木守柿」》

「生きることは食べること」といわれるように、食べるという行為は生きていく上で必要不可欠です。だから食べ...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1391《年中行事に込められた思い!小正月と小豆粥》

睦月も半ばを迎えましたが、元日にお迎えした歳神様が「三が日」「松の内」「七草粥」を経て次第に人家から遠のか...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1390《食べ物にも思いやりを!復活させたい「勿体ない精神」》

突然ですが、世界中に「日本食」とされる飲食店が幾つあるかご存知でしょうか?農林水産省の調べでは約886...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1389《幸運を招く「祝い言葉」と縁起の悪い「忌み言葉」》

今まで正月のしきたりに触れて参りましたが、今のように科学が発達していなかった昔は、何かにつけ「神頼み」や「...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ