コラム

 公開日: 2013-07-13 

基礎から指南!接客・接遇マナー15≪好感の持たれる聴き方とは?≫

お客様を安心させ、好感をもたれるためには、お客様に「私は、あなたの話をしっかり聞いていますよ!」ということを身体全体で表現することがとても大切です。

前回と重複する面もありますが、具体的には下記の通りです。

○姿勢を正し、ほんの少し、状態を相手に傾けます。
手は、立った状態で有れば前で重ね、座った状態でしたら膝の上に揃えたらいいでしょう。
腕は組まないでください。

○相手の話の内容に応じて表情を合わす。
例えば、嬉しい話しや自慢話等でしたら笑顔で答えますが、弔事の時やクレームを受ける時には悲しい表情や真剣な表情で聴いて下さい。

○目を見る
何度も触れましたが「目を見て聴く」ことは、「私は真摯な態度で聞いています」と言うメッセージですから、とても大切です。

○あいづちを打つ
「あいづち」は、「私は話をしっかり聞いています」というサインです。
あいづちを打つことで、話し手はさらにしゃべり易くなるし、聴き手もスムーズに対応できます。

「はい」「そうですね」のような軽いあいづちから、「このような意味でしょうか?」「つまりこういうことですね」と言う確認のあいづち、「同感です」「私もそう思います」等の同意のあいづち、「具体的にはどういうことですか?」「と、おっしゃいますと?」のような質問のあいづち等があります。

そして、相手の話を聴いただけでは不十分です。
聴いた内容を「要約する力」も必要です。

相手が長々と話した事を、簡潔に要約しなければいけません。
特にクレームを受け、上司に報告し、指示を仰ぐ必要が有る時等は必要です。

さらに、相手の感情に巻き込まれないことも大切です。
要は、主観と事実をキチンと分けることです。

例えば、クレームを受ける時は、相手はかなり興奮気味であったり、感情的になりますが、過剰に反応する事無く、冷静に対応し、クレームの原因や相手が要求している内容をキチンと捉えることです。
それなりの経験が必要ですが、事実は事実、感情は感情です。

加えて、いつまでたっても相手が話すのを止めない時が有ります。
勿論相手の話を、時間をかけてゆっくり聞いてあげることは、とても大切です。

余談事になりますが、一流の詐欺士はこの点、何時間でもしっかり話を聞き、信頼関係を築くそうですが、裏を返せば、それだけ話しに飢えている人が多いと言うことです。

相手の気持ちを考えると、いつまでも聞いてあげたいのは山々です。
しかし聴き手にも限度が有ります。

相手に何時までも従うと、当然他の業務に支障が出ます。
自分の気持ちを相手に伝えながら、相手の気持ちに配慮した提案をすることも大切です。

自己を犠牲にして相手のいいなりになっても、心と心は通じ合うことはできません。

相手も、自分も大切にした、いわば相互尊重的な表現方法を身に付けて下さい。
例えば、「とてもためになる話しですが、残念ですがこれ以上時間が有りません。続きは次回にお聞かせ頂けませんか?」、「今3時ですね。間もなく交代の時間ですから、またの機会にお聞かせ下さい」等です。

これに残念そうな表情が伴えば、鬼に金棒です。
一つずつ、一つずつ、現場で経験を積み重ねて下さいね。
ビジネスシーンのみならず、プライベートシーンでも大変役に立つスキルです。


この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1362《仕事やプライベートで不安が生じた時に考えていただきたいこと》

旧暦では10月の事を「小春」といいます。新暦では11月から12月の始め頃ですが、日頃の寒さが打って変わっ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ