コラム

 公開日: 2013-07-11 

基礎から指南!接客・接遇マナー14≪相手の話を「聴く力」≫

良好な人間関係を築く上で、「相手の話を聴く事」の大切さを、何度も「マナーうんちく話」でお話ししてきましたが、接客・接遇の仕事にも同じことが言えます。

接客・接遇においては、「きく」には3つの意味が有ります。
具体的には、「聞く」、「訊く」、「聴く」ですが、それぞれ意味が異なりますので、その違いを正しく理解して、適切な対応をして下さい。

○「聞く」は、大変広い概念で使用されています。
もの音を漠然ときく等の意味で、英語ではhearです。

○「訊く」は、訊ねることで、askに当たりますが、今は、あまりこの漢字を使用することはなく、聞くに含む場合が多いようです。
いずれにせよ、聞き手が知りたい情報を、相手に質問しながら、答えを引き出すとても大切な手法です。

○「聴く」は、漢字が意味するように、耳を通して心で聞くことです。
つまり、相手の言い分を理解し、それを尊重することでlistenに当たります。

では、なぜ相手の話をしっかり聞くことが必要なのでしょうか?

○相手の気持ちが理解できる。
来られたお客様が、何を望んでいるのか?何に困っているのか?どうして欲しいのか?等をきくことにより、それにマッチした説明や提案が可能になる。
「訊く」事ですね。

例えば、病院を訪ねてきた人に、どうしましたか?痛みは有りますか?どこが痛いのですか?どのように痛いのですか?いつから痛いのですか?等を聴き、診断や治療の参考にすることができます。

あるいは、冷蔵庫を買いに来た人に、予算や容量やデザインや機能性等を訊き、それに相応しい商品を進めることができます。

○相手の話を真摯聞くことにより、こちらの言うことも聞いてもらえる
人間誰しも、自分の話を聞いてくれる人には好感をもつものです。
相手の話を、目を見て、あいづちを打ちながら、丁寧にきくことにより、こちらの話を聴いてもらいやすくなります。

この「聴く」はとても大切です。
「話し上手は聞き上手」と言いますが、例え話しが得意でなくても、相手の話をしっかり聴く力が有れば心強いですね。
喋るより、先ずは、先に聴くことです。

それでは、カウンセリング用語で、相手の言う事を真摯な態度でしっかり聞く事を「傾聴」と表現しますが、その心構えに触れておきます

○相手が、話しやすい雰囲気を醸し出して下さい。

○相手の、人生観や価値観を理解し、それを尊重しながらきいてください。
特に最近では、育った環境や価値観が大きく異なる、昭和世代と平成世代が同じ職場で顔を合わすことになります。相手の言い分に真っ向から異を唱えるのではなく、「そのような考え方も有るんだな」というような捉え方が大切になってきます。

○相手の、声のみならず、表情、態度、声の調子などからも、相手からのメッセージとして読み取って下さい。

○「マナーうんちく話のコラム」でも、何度もお話ししましたが、相手の目を見てきいて下さい。
目を見て聞くことは、「あなたの言う事を真摯な気持ちできいています」と言うことにほかなりません。

○主導権はあくまで話し手に有ります。
途中で、話を遮らないでくださいね。

但しきく側にも都合が有ります。
相手の話を遮らなければいけない場合の、対応の仕方については、次回に回します。



この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

69

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1655《なぜ一匹丸ごとの魚を食べるときにひっくり返してはいけないの?》

一匹丸ごとの魚、つまり尾頭がついたまま出された場合はそれなりのテクニックが必要です。昔からこのような魚...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1654《和食を食す際、なぜ「手盆(手皿)」はいけないの?》

マナーは心と形が大切ですが、「なぜこうなるの?」という合理的な理由が必ず存在します。その理由を正しく理解...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1653《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食②」》

【箸の知識とマナー】次に箸のマナーですが、箸をとるタイミングが大切です。主賓や上司が箸を持ったらそれに...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1652《これくらいは押さえておきたい食事のマナー「和食①」》

春の語源の一つに「晴れる」が「はる」になった説がありますが、空が晴れ、太陽の光が穏やかな様子を「うららか」...

[ 和食テーブルマナー ]

マナーうんちく話1651《どう違う?「好意」と「厚意」》

最近西洋由来の語を中心とした外来語が流行し、本来の日本語がかなり影を潜めている気がします。年中行事しかり...

[ 人間関係を良好にするマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ