コラム

 公開日: 2013-07-06 

マナーうんちく話565≪織姫と彦星はなぜ一年に一度しか会えないの?≫

前回、七夕は、「中国の星祭り」と、「日本のお盆」の行事が融合した行事で、「七夕飾り」や「七夕(たなばた)」の読み方の由来についてふれましたが、今回は「織姫と彦星が一年に一度しか会えない理由」に迫ります。

天の川の西に、「彦星(牽牛)」と言う独身の若者が暮らしていました。
彼の仕事は牛飼いで、それは、それは働き者でした。

一方、天の川の東には、独身の「織姫」が住んでいました。
彼女は宇宙を司る天帝の娘で、素晴らしい機織りの技術を持っていました。

しかし、年頃になっても機を織るだけで、恋人もなく、寂しい暮らしをしていたので、天帝は、働き者の彦星と所帯を持たせました。

目出度し、目出度しですね。

しかし、これからがよく有りません。
二人は一緒に暮らし始めると、来る日も来る日も甘いムードに浸り、それまでの、真面目に仕事をすることをすっかり忘れてしまいました。

これに、天帝はひどく怒りました。
そして二人に罰を与えたわけですね。

二人を天の川を挟んで、引き離してしまいます。
しかし、引き放したままではあまりにもかわいそうなので、一年に一度だけ会うことを許したわけです。

そして、織姫と彦星の伝説が生まれたわけですね。

既婚の人は経験済みだと思いますが、結婚したら少なくとも、一月位は甘い生活が続きます。
いわゆる蜜月(みつげつ)です。

蜜月とは、蜜のように甘いひと月の事です。
すなわち、結婚してまだ間が無い頃とか、非常に密接な関係を意味します。

そういえば、新婚旅行を「ハネムーン」とか「蜜月旅行」とか言いますね。
これは、古代ゲルマン民族が、結婚したら当分密で作った酒を飲んでいたことに由来します。
密には滋養強壮効果が有り、精力を増強する効果が有るので、これを飲んで子作りに励んだわけです。

ところで、結婚生活を有意義にするには、互いの価値観の違いを認識し尊重し合うことが大切ですが、常に何らかの目標を持つことが大切だと考えます。

「目標」を「生きがい」に替えても良いでしょう。
仕事やこどもに生きがいを見つけるのも良いですね。

織姫や彦星のように甘い生活に安住し、惰性に流される生き方は感心しません。

加えて、出来る限り共有する時間を取る事をお勧めします。
出来たら、「楽しい時間の共有」がお勧めです。
折角の休日、主人はゴルフ、妻は買いモノでは寂しいです。

さらに、できる事を惜しまないで、互いに家事もしっかり励んで下さい。
「家事をおろそかにしない」と言うことは、二人の生活の場を大切にすることです。

そして、互いに、感謝し合い、建設的なコミュニケーションづくり、特に会話を大切にして下さい。
「もう聞く耳を持たない」と言うことになれば、離婚にも発展しかねません。

朝の挨拶や共に食事をすること、さらにユーモアも大切です。
相手を非難しないで、伴侶を喜ばす事を考えて下さい。

七夕の日は、改めて、朝起きて美味しいコーヒーを共に飲む相手がいることの価値を考えてみるのもお勧めです。結婚の意義はここに有ります。

最後に、織姫と彦星の逢瀬が叶うように、七夕の日は「晴れますように」と願いますが、「雨が降った方が良い」とする考えもあります。
盆祭りの前に、身を清めるからです。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

31

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

●●テーブルマナーの本当の大切さが理解できました●●洋食のマナーには自信が有ったので参加しましたが、今回平松先生の講座を受講して「目からうろこ」と言う言葉をす...

出前講座

■絶対聴きたい!《女性会・女性部向け》厳選講座のご案内!商工会、法人会、各種団体の女性部会から、婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座です...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1367《大切にしたい服装のマナー》

「クールビズ」や「ウオームビズ」が浸透したせいで、服装もかなりカジュアルになり、個性が尊重されるようになり...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1366《子どもにマナーを教えることができますか?②》

この度文部科学省の問題行動調査で、全国の国公私立の小中高、特別支援学校において「いじめ」が224540件発...

[ 親に身につけていただきたいマナー ]

マナーうんちく話1365《幸運を呼ぶ心の持ち方・過ごし方》

「笑う門には福来る」。「上方いろはかるた」に登場する一句です。最新の研究では「作り笑顔」でも、肉体的...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1364《日本人なら知っておきたい12月の歳時》

師走の声を聞くようになると、街行く人達の装いが急に真冬並みになり、木枯らしと共に「山装う頃」から一気に「山...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1363《美を磨くといいこといっぱいやってくる》

美しい物を観て気分が悪くなる人は殆どいないでしょう。人間は本能的に美しいものを好む習性が有るかもしれませ...

[ 日常生活におけるマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ