コラム

 公開日: 2013-07-03 

マナーうんちく話564≪「七夕」は、なぜ「タナバタ」と読むの?≫

7月7日の七夕が近くなってきました。
幼稚園や商店街など、色々な所で「七夕飾り」が目につきますね。

その飾りには、色々な意味が込められているのをご存知でしょうか?
例えば、網は「豊魚」、吹き流しは「機織りの上達」、千羽鶴には「長生き」、そして短冊には「願い事の成就」「書道の上達」の意味が有ります。

また、なぜ笹の葉に飾るのか?と言えば、笹には邪気を払う効果が有ると考えられていたからです。

そういえば、七夕は「五節句」の一つですが、「人日の節句」の七草、「上巳の節句」の桃、「端午の節句」の菖蒲、「重陽の節句」の菊にも、全て邪気を払う作用が有るとされています。

先人は、「旬の植物には素晴らしい力が宿っている」と言う事を、よく知っていたのですね。

さらに、笹は、笹舟にもなり、なんだか願い事を叶えてくれそうな気がしませんか?

そして、七夕の起源は古く、平安時代に宮中で始まったとされていますが、現在のように、「縫栽や書道などが上達するように」と願って、5色の短冊に願い事を書いて、笹に結びつける風習は、江戸時代からだそうです。

ところで、「七夕」と書いて何故「タナバタ」と読むのか、不思議に思われている人も多いと思います。

もともと日本では、「食物の成長に感謝するお祭り」と、「お盆に祖先の霊が里帰えりされるに当たり、娘が衣服を織り、祖先の霊にお供えする行事」が有り、これに、年に一度、織姫と彦星が逢瀬を楽しむ「星まつり」が一緒になったとされています。

その、機織り娘の事を「棚織女(タナバタメ)」と呼んだので、七夕のことを「ヒチセキ」と読まずに、「タナバタ」と読むようになりました。

このように、日本では、七夕はお盆の行事、すなわち「ご先祖様の里帰り」と密接な関係にあり、「七夕飾り」は「みそぎ」の意味もあります。

従って、本来は、7月6日の夜に軒下に飾り、7日にはかたづける「一夜飾り」です。
それを、8日の朝に、川に流してみそぎをするわけですね。

すなわち、笹の葉に飾った、七夕飾りを川に流すことにより、色々と身体に蓄積した穢れを持ち帰って頂くわけです。
これを「七夕流し」とか「七夕送り」ともいいます。

現在では、川の汚染防止とか、環境保護の観点から、七夕飾りを川に流すことは無くなりましたが、仕方ないとはいえ、少し寂しい気がします。

流すだけ流し、どこかで纏めて回収するような手立てはないものでしょうか。
環境保全にそこまで徹底するなら、原発事故による甚大な放射能汚染はどう説明するのでしょうか?

今朝(7月3日)の新聞に、柏崎刈羽原発の再稼働申請の記事が掲載されていましたが、福島県内外で約15万人が避難を続けている現状においては、「よくも、まー」と言う気がしてなりません。

先祖が大事にしてきた国土を汚染させて、短冊に願い事を書いても、様にならないような気がしますが如何でしょうか?

七夕を楽しむことも大切にしつつ、原発問題にも、真剣に向かい合って行く必要が有りますね。
マナーは、自然に対しても素敵に発揮しなければなりません。

7月7日には、「織姫と彦星のラブロマンス」を予定しております。






この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

【女性部・女性会向け厳選講座】商工会、法人会、各種団体女性部から婦人会、地域、企業、サークルまで幅広く対応できる人気講座で、人生を前向きに生き、身も心も精...

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーを身につけてハッピーな人生を!(1/3)

「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。形だけでなく、そこに込められた意味を理解したうえで身に付けることで、人間関係を良好にし、心の豊かさを取り戻せると思うのです」と、穏やかな物腰で語りかける平松幹夫さん。マナー講師、講演会講師と...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

講演・セミナーが大好評!老若男女をキラキラ魅せるマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトの岡山ハッピーコミュニケーション

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1511《終活になぜ生活設計が大切なの?(終活④)》

【感謝の心と気概をもって】世界屈指の長寿国になった日本。あなたはどのように生きますか?期待と不安が...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1510《自分らしく輝いて生きるために!「人生設計」のお勧め(終活③)》

【人生100歳、二毛作時代の到来】日本の平和な家庭の象徴である「サザエさん」は相変わらず人気ですが、サザエさ...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1509《改めて考えたい「終活」の意義と意味②》

【終活の捉え方】人生の終わりに向けて自分らしい終わり方ができるように、身も心も元気なうちにとる様々な準備...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1508《改めて考えてみたい「終活」の意義と意味》

【はじめに】最近やたらと「活」がつく言葉が氾濫している気がします。「就活」「婚活」「恋活」「離活」「産...

[ 日常生活におけるマナー ]

マナーうんちく話1507《感性が磨かれる秋立ちぬ頃》

中山間地域に住んでいると、厳しい暑さが続く中にも、この時期になるとトンボが飛び交い、朝晩の風に心地よい涼し...

[ 歳時記のマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ