コラム

 公開日: 2010-09-21  最終更新日: 2012-04-20

マナーうんちく話8≪彼岸と墓参りのマナー≫


9月23日は24節気のひとつ「秋分の日」ですね。
「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、お彼岸は季節の節目でもあります。
そして春と秋、2回あるお彼岸には、先祖供養のため「墓参り」をする風習があります。


家族のきずなが希薄になる中、年中行事の一つとして大切にしていきたいものです。
そこで今回は、「お彼岸」と「お墓参り」について触れてみたいと思います。


●お彼岸とは?
 「彼岸」とは仏様が住んでいらっしゃる清らかな、あちらの世界を指差します。反対に私たちが住んでいる、迷いや煩悩に満ちた、こちらの世界を「此岸(シガン)」と言います。
お彼岸とは、先祖に感謝し供養する日です。

●お彼岸に墓参りをする由来とは?
もともと仏教は、インド、中国、朝鮮半島経由で日本に伝わりましたが、仏教の行事で彼岸に墓参りをする風習は日本だけだそうです。聖徳太子がお彼岸の行事を定め、やがて朝廷の年中行事になったという説があります。

●お彼岸の時期と期間
年に2回あり、「春分の日」を挟んだ前後3日ずつと、「秋分の日」を挟んだ前後3日ずつです。

●お彼岸の供え物
お彼岸の供え物といえば「おはぎ」と「ぼたもち」ですが、実はこれらは同じものです。
昔は、米や砂糖は大変貴重なもので、これらを使ったもちを先祖にお供えすることは、最高のおもてなしだったようです。

秋には秋の7草である「萩」が咲くのでそれにちなんで「おはぎ」と名付けました。
春には、花の女王と呼ばれている「ボタンの花」が咲くので、そこから「ぼたもち」と呼ばれるようになりました。

萩の花は小さいので、おはぎは小さめに、ボタンの花は大きいので、ぼたもちは大きく作りますが、最近ではあまり変わらないようですね。

●「暑さ寒さも彼岸まで」
「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言われますが、実際の気温は、明確には言えませんが、岡山でも大きく異なりますね。
春分の日は摂氏10度C位で、秋分の日は摂氏20数度C位あります。
厳寒の冬になれた体は、少し暖かくなってくれば心地よくなり、猛暑に疲れた体は、さわやかな秋風が吹いてくれば癒されるのでしょうね・・・

●墓参りについて
仏壇がある家では、彼岸の入りまでに、掃除をして、花などをいけ、お萩やぼたもちなどをお供えします。
墓参りは、基本的にはお彼岸の期間中であればいつお参りしてもOKだといわれております。

そのお墓参りですが、お寺にお墓がある場合は、先ずご本尊様にお参りします。
※仏教にはさまざまな宗派が存在し、その宗派の象徴がご本尊様で重要な意味を持っています。

次にお墓に行き、掃除をする、花・お供え物を供える、線香をたく、水を墓石にかける、そしてしゃがんで一同で手を合わせるのが一般的です。

お盆のような決まりごとはありませんが、ご先祖様を思い浮かべることと、清らかな心で手を合わせ、明日への決意を新たにして、晴れ晴れとした気分で帰るのが最高の墓参りのマナーだと思います。

仏様・ご先祖様への最高のおもてなしは、お萩やぼたもちもさることながら、感謝の気持ち、思いやりの心、真心なのです。

身を清め、キチンチした服装でお参りするのがお勧めです。

最後にできる限り家族でお参りしてくださいね。
家族そろって手を合わせることにより、一体感が生まれ絆が深まります。
今の時代、とても大切なことだと思います。

この記事を書いたプロ

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

マナー講師 平松幹夫

岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL:090-4573-1062

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
参加者の声

【和気町協働事業「バラ色未来創造大学」に参加された方の声(アンケートから抜粋)●講座に参加するたびに若返る気がします。この年で新たな生きがいができ大変うれしい...

講演会・研修会メニュー

《幸齢期に乾杯!加齢を華麗に生きる人生100歳時代の幸せ探し》《人生100歳2毛作時代到来!もうひと花美しく咲かそうよ》

 
このプロの紹介記事
マナーと自分磨きを指南する平松幹夫さん

美しいマナーと豊かな心でハッピーな人生を(1/3)

 「マナーは相手への思いやりを表現するためのスキル。作法に込められた意味を理解したうえで身に着けることで、人間関係を良好にし、豊かな心を育むと思うのです」と、優しくわかりやすい言葉で穏やかに語りかける平松幹夫さん(岡山県和気町父井原)。...

平松幹夫プロに相談してみよう!

山陽新聞社 マイベストプロ

年100回の講演が好評!キラキラ輝く人生を送るためのマナー講師

所属 : 人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾
住所 : 岡山県和気郡和気町父井原824番地 [地図]
TEL : 090-4573-1062

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4573-1062

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

平松幹夫(ひらまつみきお)

人づくり、生きがいづくりプロジェクトのハッピーライフ創造塾

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マナーうんちく話1602《どこへいった?日本人の礼節・・・。》

世界屈指の長い歴史を誇る日本人は、今でも米を主食にしています。そして稲作を中心とした農耕民族だったせいも...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1601《これくらいは知っておきたい「おみくじ」の知識とマナー》

おみくじにもマナーがあるの?と思われる方も多いと思います。おみくじを引いた人は非常に多いと思いますが、概...

[ 冠婚葬祭のマナー ]

マナーうんちく話1600《まだまだある正月行事!「小正月」「とんど焼き」「藪入り」》

12月は一年最後の月ですから「除月」と呼ばれますが、これに対して、一年で最初の月は「正月」と呼ばれます。...

[ 歳時記のマナー ]

マナーうんちく話1599《これくらいは心得ておきたい身近な「厄払い」と「呪い」》

現在日本国内には「コンビニ」が約55000軒あるといわれていますが、ほとんどの人が身近に存在する便利な店と...

[ マナーの心得 ]

マナーうんちく話1598《「お里が知れる」!?靴の脱ぎ方・揃え方のマナー》

最近ではあまり使われなくなりましたが、日本には「お里が知れる」という諺があります。どんなに繕いでも、「...

[ 訪問ともてなしのマナー ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ